チラ裏レベルの人生記(仮)

自分が自分で無くなった時に、自分を知る為の唯一の手掛かりを綴る、極めて個人的な私信。チラ裏レベルの今日という日を忘れないように。6年目。

今年も相変わらずカフェインレスコーヒーはネスカフェ一択しか無いのがまったく理解できない。

普段は朝6時手前に起床する様にしているのに、最近はどういうワケか5時頃に自然と覚醒してしまう。減った分の睡眠時間が後々睡魔に変わって襲ってくるから困る。それにしても昨日は真夏の様な暑さで早くもバテそうになった。こんな早くにこれほど暑くなるのは想定していなかったので、まだ冬用の布団で寝ているのだが、そろそろ夏用の薄かけ布団をスタンバっておかねばならない。昨年のシーズン終わりに仕舞わずに放置したままだから、コインランドリーで洗濯と乾燥をせねば使えない。普段の洗濯でも月に三回ほどコインランドリーを使っているが、その費用はマジでバカにならない。年間では合計ン万にも及ぶ。金持ちほど大抵のモノを自宅で洗濯し、外で干せる環境を備えているはずだろうから、底辺暮らしほど金がかかる構図だ。実にバカバカしい。こんな真夏の陽気を外干しに利用できないなんてもったいないが、ベランダが無い部屋なのだからいくら喚いてみてもどうにもならない。しかし、こう暑いと冷コーが進む。私は例年の如く、ネスカフェのカフェインレスコーヒーを常飲しているのだが、レギュラー品の様に特売にかからないからこれまた出費がバカにならない。他社がカフェインレスを発売すれば競争が生まれて、価格が下がりそうなものだが、現状ではソリュブルもボトルもネスカフェしかない。技術的な問題なのだろうか。それとも需要が少ないのだろうか。

 

定期測定。

体重:64.95 kg (-0.15)

BMI:20.4 (±0)

体脂肪率:15.1 % (-0.2)

内臓脂肪レベル:6.5 (±0)

体内年齢:実年齢-9 (±0)

広告を非表示にする

耳掻き棒を捨て去る事で今度こそ耳掻き依存症から立ち直る決意表明。

7月並の暖かいというか暑い気候が暫く続くようでゲンナリさせられる。窓を閉め切っているとすぐに湿気でむさ苦しくなるから、日中の間はできるだけ開放しておきたいのだが、望まざる虫が侵入してくるのが厄介だ。私の鼻はこのむさ苦しさに慣れているから、なかなか客観的に評価できないが、相当悪臭がキツいのではないかと思う。服にこのオイニーが染み付いて、外出時に撒き散らしているのではないかといつも心配している。そのクセ、私は他人の発するオイニーについては敏感で厳しい。しばしば明らかにシャワーすら浴びていないだろう、ボロ雑巾の様な悪臭を放っている輩がいるが、自分の事は棚に上げて蔑視してしまう。私は一日に一度シャワーを浴びないと我慢ならない性分だから、さすがに彼奴らの様な悪臭を放っていないと信じたいが、自分の事は自分では分からない。それはさておき、私は長らく執拗なまでに耳掻きを繰り返すという依存症レベルの悪癖を断ち切れないでいたのだが、過度の耳掻きが癌を生じさせ得ると知っていよいよ怖くなり、この度、愛用の耳掻き棒を捨て去る事で物理的に耳掻きできない様にした。早速、禁断症状の様に耳を掻きたい衝動に苛まれている。一応、綿棒があるので耳掃除くらいはできるのだが、これまでの様にゴリゴリと掻き毟る事はもうできない。今度こそこの悪癖を断ち切って、耳を正常な環境に戻してやりたい。

広告を非表示にする

ポカポカしてきたおかげでヒョロガリな私も筋トレくらい始めようかしらという気になってきた。

金曜日に皮膚科で処方された薬が効いているのかどうかイマイチよく分からない。より酷くなっているワケでは無いのだから、とりあえずこのまま一ヶ月ほど様子を観るしか無い。せめて顔だけは人目に晒しても耐えられる状態に戻したいのだが、現状ではなかなか厳しい。最近になってまた就寝中の中途覚醒が頻発する様になり、慢性的に睡魔が襲ってくるのがツラい。今朝は二度寝、三度寝までして気付けばもう昼前だ。こんな怠惰な生活がアトピー肌に良いはずがない。多少なりとも運動すれば体質と同時に肌の状態も改善するだろうに、無気力過ぎて筋トレすらやる気が起きない。件の皮膚科では、女性医師の前で上半身の裸を晒さざるを得なかったが、一瞥して生産的な活動に従事していないと判るヒョロガリぶりを改めて自覚させられ、恥ずかしいやら情けないやらでタヒにたかった。まず人並みのボデーに戻さないと、何一つ新しい事を始められそうにない。どうにかして筋トレを始める気持ちを湧き起こす術は無いだろうか。筋トレから軽いジョギングができる段階まで進めば、メンタル的にも余裕ができて、次のフェーズに進めそうな気がするのだが、その程度の事すら絶望的に難しい。私は最近になって初めて映画のロッキーシリーズをイッキ見し、その影響で筋トレ熱が俄に高まったのだが、実際に開始する動機までは生み出せなかった。

広告を非表示にする