チラ裏レベルの人生記(仮)

自分が自分で無くなった時に、自分を知る為の唯一の手掛かりを綴る、極めて個人的な私信。チラ裏レベルの今日という日を忘れないように。4年目。

衆人環視の中でお手々がプルプル震えずに済む様な鉄壁のメンタルに生まれたかった。

全く将棋の事が分からないくせにあーだこーだ言っても仕方ないのだが、世間が何かと喧しいので藤井四段のニュースをついつい見てしまう。昨日も連勝記録を30年ぶりに更新したとかで大騒ぎしていた。なんでもグッズが飛ぶように売れているとかで、完全に国民的なフィーバーの様相を呈している。将棋というものが休憩を挟んで何時間もかけて行われる競技だという事を、私は恥ずかしながら昨日初めて知った。その間中ずっとああして大勢の人間に凝視されながら、集中力を切らさずに一手一手指していくのはハンパ無い精神力を要する事だろう。私などは豆腐メンタルな上に視線恐怖症の嫌いがあるから、誰かに見られていると意識するだけで、頭の中が真っ白になり、脂汗がでてきて、手がプルプル震えてしまう。それ故、人に面と向かって接する如何なる作業もできないから大変困る。どうしてこうなってしまったのか分からないが、中学生時分には既にそんな兆候があったと記憶しているから、おそらくこれもアトピーと無関係では無いだろう。考えれば考えるほど、私のネガチブのルーツはアトピーにあると断ぜざるを得ない。アトピーと言えば、先日来、侵襲が続いている菊門アトピーがまだ収まらず痛痒い。ときに藤井四段は多感な時期かと思うが、悩みなど無いのだろうか。

広告を非表示にする

毎週毎週ワイドナ終わりに松本人志の放言がネットニュースになるのが我慢ならない。

今週は都議選の話題で騒々しくなりそうだ。都民で無い私にコミットできる事は無いのだし、どうでも良いと言えばどうでも良いのだが、自民党や第二自民党の様な都民ファなんちゃらやその補完勢力議席を伸ばすのが尺なのも本音のところだ。別に現有左派勢力がすなわち正義というワケでも無いのだが、都民ファなんちゃらがこれだけ支持を集めるのも理解できない。毎度ふわっとした空気で選挙の帰趨が決まるのを見て失望させられているから、今回の都議選も部外者ながら全く期待していない。寧ろ最悪な事態を想定しておいて、精神的なダメージの軽減を図ろうとすら考えている。それにしてもまだ政権支持率が四割前後を維持しているらしい。これだけ疑惑や不祥事や舌禍が相次いでもこの数字を維持できるのだから、安倍とその取り巻きにしてみれば余裕綽々だろうが、ケンモメンの私としては腹の虫が収まらない。一日も早くくたばって欲しいと切望しているし、願わくば私の瞳の黒い内にそれが実現して欲しい。ときに日曜日の昼に、ワイドナなんちゃらとかいう松本人志がMCの政権擁護番組が放送されているそうだが、毎回その終了直後に松本の放言がネットニュースで取り沙汰されるのが気に入らない。昔は私も彼奴に心酔していただけに残念でならないが、彼奴には早々に第一線から退いて欲しい。

広告を非表示にする

雨降って地固まる的な経験を一度で良いからしてみたい。

今日も朝から雨降りだ。全く鬱陶しい。梅雨なんて所詮人間が決めた事なのだから、北海道には梅雨が無いと言っても、この状況はほぼほぼ梅雨に相違ないのだ。だからどうしたという話だが、雨降りだと愛用のスニーカーが濡れるのが気に入らない。濡れたら部屋干しで乾かすしかなく、鴨井に百均のハンガーをかけて靴をかけておくのだが、そのスペースが狭い汚部屋の動線に当たる為、自ずと屈んで通行せねばならず、これまた鬱陶しくて仕方ない。斯様に雨に纏わる不平不満を並べていくと枚挙に暇がない。ときに昨夜、この二週間ほど収まっていたバスルームの排水口の詰まりが、また再発するかの様な兆候を確認した。業者に頼まずに済んでひとまず安堵していたところなのに、やはり根本的な原因は解消されていなかったのだろうか。ゴボゴボ現象の方は、原因はともかく、発生条件はなんとなく分かってきたので、パラノーマルな感じでも無くなり、その点は以前より安心できる。どう考えても不可能な事だが、やはりもう少しだけマシなアパートに移りたいという願望が潰える事は無い。最底辺の私は、こんなポンコツアパートでも住める場所があるだけありがたいと思わなければならないのだが、根が貪欲だから分不相応に多くを求めてしまう。雨はどこまでも憂鬱さを加速させる様だ。

広告を非表示にする