読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チラ裏レベルの人生記(仮)

自分が自分で無くなった時に、自分を知る為の唯一の手掛かりを綴る、極めて個人的な私信。チラ裏レベルの今日という日を忘れないように。4年目。

超絶相性の悪い歯磨き粉を買ってしまってコレをこのままンヶ月も使うのかと思うと萎えまくる。

昨日は暖かいのか涼しいのか、雨降りなのかそうでないのか、よく分からない天候だったので、諸々面倒臭すぎてまた完ヒキしてしまった。ただでさえ運動不足なのにカラダが鈍って仕方ない。ほぼほぼ終日ベッドの上で生活が完結してしまう毎日だから、カラダの固まり方がハンパなく、何もしていないのに関節や筋肉の節々が痛む。痛むと言えば、数年来続いている歯の知覚過敏が相変わらず悩ましいところなのだが、こちらも歯科に行くのが億劫で長らく放置したままになっている。私と同年代の標準的なおっさんが、どれくらい予防歯科に心を砕いているのか知らないが、やはり定期的に歯科に通うものなのだろうか。私も許される事ならば、せめて年に一度くらいは歯科でメンテナンスを受けたいところだが、どうにも分不相応では無いかという考えに心が支配されて足が向かない。歯磨きは一日に二回と決めており、一回はフッ素配合の歯磨き粉、もう一回は美白用の歯磨き粉で使い分けている。歯磨きの作法として、これが正しいのかは分からない。その歯磨き粉を、長らく使用してきたクリア◯リーンからク◯ニカへ変えてみて、不満も無く一本使い切ったところで、別のも試したくなって適当に選んだピュ◯ーラに変えてみたのだが、これが私の歯には致命的に合わないから困っている。開けた瞬間から、なんか変だなー、おかしいなー、怖いなーって具合の香りが漂い、それだけでも不快だったのだが、磨き始めた途端、歯全体に痛みが広がって、いよいよヤバい代物だと理解した。これまで歯磨き粉でこんな経験をした事は一度も無い。単に慣れの問題とも思えない。通常、歯磨き粉を一本使い終わるまで、ンヶ月は要するのだが、この痛みを毎日経験するのは耐えられないから、もったいないが早々にク◯ニカに戻すかも知れない。

広告を非表示にする

ガラケー用EZアプリサービス終了の予定を今更知って茫然自失するガラケー棄民の涙。

先日、携帯のメールでガラケーモバイルSuicaのサービス終了の予告が来た。私はこちらに移住してからン年間、モバイルSuicaを使っておらず、サービスが終了しても構わないから、また一つガラケーが不便になるのね~くらいの認識で済ませようとしたのだが、そのメールの中に、来年の三月末日を以ってEZアプリが終了するのに伴い云々、と記載されている事に気付き、そこで初めて只事では無いと実感した。改めてネットで調べてみたら、EZアプリの三月終了は昨年の内にKDDIからプレスリリースされているでは無いか。おそらくその通知もメールで受け取っていただろうが、私は全く知らなかった。という事は、私が今ガラケーで使用しているnanacoWAONも、来年三月までしか使えないのか。なんてこった。それまでにスマホに移行するのは財政的に無理だから、今後もnanacoWAONを使いたければ、カードに切り替えるしか術は無い。これに限らず、ガラケー対応サイトは次々と閉鎖されているし、ガラケーに対する棄民政策は今後も続くのだろう。最後に残るのはいよいよ電話とメールくらいで、それすら3Gの停波までの猶予だ。最近では、スマホユーザーの群れの中でガラケーを弄っていても、気後れしないで済む程度には私の豆腐メンタルも強化されたのだが、物理的に使えなくなるのではもはや為す術もない。どんどん時代に取り残されていく。

 

定期測定。

体重 :64.4 kg (+0.05)

BMI :20.2 (±0)

体脂肪率 :14.5 % (-0.2)

内臓脂肪レベル :6.0 (±0)

体内年齢 :実年齢-10 (-1)

広告を非表示にする

私のポンコツアパートの私の汚部屋の隣の隣の部屋にとうとう入居者現れ激震走る。

昨日、「ネスカフェ ゴールドブレンド コク深め ボトルコーヒー カフェインレス」なる代物がAmazonで発売されているのを確認し、レギュラー品より少しばかり値が張るので、ポチるのを逡巡していたところだった。昨日は丁度メンクリ通院の日で、その帰りにDSにフラッと寄ってきたのだが、何の気なしに飲料品コーナーを通った際に、奇遇にも件のコーヒーを発見した。Amazonだと6割ほど高い価格のところ、そのDSでは3割ほど高い価格に抑えてあったので、試みに一本だけゲットしてきた。先に飲みかけた缶コーヒーがあるので、まだ買ってきた方は飲んでいないのだが、これを気に入れば、この夏はカフェインに気を揉む事無く、グビグビと冷コーを常飲する道が開けるかも知れない。さて、同じく昨日は、私のボロアパートの同じ階についに新たな入居者が現れた。私の部屋の隣の、そのまた隣の部屋だ。先月末辺りから業者が入ってリフォームしていた、まさにその部屋である。帰りしなに入居者と思しきおっさんの後ろ姿を目撃し、その部屋の郵便受けの表札に早速、名前が貼られているのを確認した。超絶ズボラな私などは、今の部屋にン年も住んでいながら、ドアにも郵便受けにも名前を表示していないアウトローぶりだが、今回の入居者は全く違う人種のおっさんなのだろう。隣の隣だから互いに生活音に配慮する事も無く、壁ドン事案を招かずに済む点は安心している。隣の空き部屋にも近々に入居者が現れたりするのだろうか。

広告を非表示にする