チラ裏レベルの人生記(仮)

自分が自分で無くなった時に、自分を知る為の唯一の手掛かりを綴る、極めて個人的な私信。チラ裏レベルの今日という日を忘れないように。4年目。

真夏日来る。

夕方頃に外出したが、この時期にしてはかなり暑かった。ニュースを観たら真夏日の気温だったということで納得。汗をかくと洗濯物が増えるし、汗ジミは気になるし、アトピーは悪化するしで何も良いことがないんだわ。僕の部屋はエアコンがないから、今年も例年と同じ様に扇風機を24時間稼働させることになるのだが、この風も乾燥肌に取っては良くないんだよね。窓の外は木々が生い茂っていて迂闊に開けられないから、新鮮な空気を取り込めやしないし、へばり付くような湿気がカビの発生を助長させるし。もう考えただけで憂鬱で仕方がない夏の到来さ。高層のマンションに住んでみたいよなぁ。こんな悩み全て解消してくれそうだ。先日来、除湿機の価格推移を見張っているのだが、なかなか安くなってくれないねぇ。こりゃ今年も諦めモードかな。無いものねだりの乞食マインドの発露は続くよ、いつまでも。

昨日はスティーブン・スピルバーグ監督作「戦火の馬」を鑑賞。久しぶりのスピルバーグ作品。個人的には「ミュンヘン」以来かな。本作の主人公は馬のジョーイ。第一次世界大戦で戦場に駆り出され、運命に翻弄されるがごとく所有者が代わりながらも、戦火を生き抜くジョーイの姿はとても健気で美しい。こんなに馬の活き活きとした様子を観る機会って今までなかったなぁ。物語はこの馬の様に質実剛健そのもので、戦争の描写も流血等グロテスクな演出は一切ない。戦争モノと考えると淡々としている印象だが、主役はあくまで馬だからこれでいいのだろう。馬萌えなヒトは必見。しかし7.1chの環境だとさぞ臨場感あるんだろうなぁ。ジョーイかわいいよジョーイ。ヒヒーン!

広告を非表示にする