チラ裏レベルの人生記(仮)

自分が自分で無くなった時に、自分を知る為の唯一の手掛かりを綴る、極めて個人的な私信。チラ裏レベルの今日という日を忘れないように。4年目。

廃人日和再び。

昨日は一日中睡魔に苛まれた日であった。どうしてここまで眠いのだろうか。食う寝る食う寝るの惰眠スパイラル。無味乾燥極まれり。読書が脳を活性化させる一助になってくれるのだが、昨晩は借りている図書の返却期限が迫ってきたからそろそろ読まなあかんよ~って、思ってる矢先に寝落ちしてしまった。日を追うごとに社会復帰が遠のいていくね。鼻毛に白いのを見つけたよ。やり直せる時期はとうの昔に過ぎたんじゃないのかな。そんなサインかも知れんわ。廃人すぎる。燃え尽きて灰になりたい。ほよよ。

広告を非表示にする