チラ裏レベルの人生記(仮)

自分が自分で無くなった時に、自分を知る為の唯一の手掛かりを綴る、極めて個人的な私信。チラ裏レベルの今日という日を忘れないように。4年目。

物欲の権化。

連日ぴーかん日和が続く。昨日は今年初めてスノーブーツからスニーカーに履き替え、ロード・トゥ・ハロワを歩いた。やはりスニーカーは履き心地が段違いに良くて、数キロ歩いたくらいじゃ足が全く疲れない。スタスタと闊歩していると背筋まで伸びてくるし、目的地までに用する時間が短く済むのも嬉しい。おっさんは何も引きこもっているのが好きというワケではなく、又、外に出て運動するのが嫌いなワケでもないんだ!偏に靴のソールが減るのを残念に思う、ケチくさ男に過ぎない・・・という言い訳を弄しておこう、うん。現在所有するスニーカーは一足のみで、コレがポシャってしまうと非常に困る。故にもう一足くらい買い増しておくことが、危機管理上必要ではないかと勘案し、予算編成を検討中。物欲が尽きるコトはないのだなぁ・・・。最近の若者は物欲がない、なんて耳にするコトがあるけど、アレ本当なのかしら。僕なんて物欲の塊の様なおっさんなのだけど。

今日は午後一で小保方女史の記者会見があるということで、どこもその話題で持ちきりだわ。天下のNHKまで特別編成組んでるんだから、総理の記者会見並の扱いよね。僕はSTAPが存在していて欲しいと思うし、彼女が一方的にフルボッコにされている現状は解せないので、秩序のない現代にドロップキック♪かますくらいの逆転劇になればいいかなぁと。

 

読了記

やっぱり北海道だべさ!! リターンズ (双葉文庫)

北海道の雑学本ですわ。余程の北海道フリークじゃなきゃここまで知らんだろってコトまで書いてある。僕なんか初心者だからなかなか参考になったけれども、著者による「これからの北海道はこうであってほしい!」という思いがアツすぎて、ちょっと胸焼けしそう(笑)。こっちに来てン年、いまだにジンギスカンを食べたこと無いおっさんはモグリだわなぁ。ときにジンギスカンは人によって食べ方に流儀の様なモノがあるのね。あと、ザンギと唐揚げの違いについてようやく納得しますた。

 

映画鑑賞記

ロマン・ポランスキー監督作「おとなのけんか」("Carnage" : 2011)

二組の夫妻が大人げない喧嘩を繰り広げるシチェーション・コメディ。予想以上にくっそおもろかったです、コレ。大の大人4人が実に大人げなく口論するだけの80分。最高にくだらなくて、最高に笑える。登場人物はペネロピ(ジョディ・フォスター)、マイケル(ジョン・C・ライリー)のロングストリート夫妻と、ナンシー(ケイト・ウィンスレット)、アラン(クリストフ・ヴァルツ)のカウワン夫妻、この4人だけ。カウワン夫妻の子ザカリーが、ロングストリート夫妻の子イーサンを棒で殴って怪我をさせたのがコトの発端で、ロングストリート夫妻の家にカウワン夫妻が招かれ、親同士の協議の場が持たれるワケです。最初こそ、穏やかな雰囲気で話が進み、和解の道筋が見えたものの、言葉の端々にチクチクと互いを詰る様なニュアンスを含むようになり、次第に話し合いは険悪なムードへ。各々の本性が露わになり、夫妻同士も争いを始めちゃてシッチャカメッチャカ。もう子供のことなんか忘れてひたすらヒートアップ。終いには酒飲んでグダグダになる始末(笑)4人がそれぞれの持ち味を存分に活かしきって演じているのがただただ愉快痛快。このアホ臭さとそれでいて品が漂う感じがなんとも絶妙で素晴らしい傑作。これ購入したいなぁ。

f:id:horohhoo:20140409081019j:plain

f:id:horohhoo:20140409081023j:plain

f:id:horohhoo:20140409081030j:plain

f:id:horohhoo:20140409081035j:plain

f:id:horohhoo:20140409081041j:plain

広告を非表示にする