チラ裏レベルの人生記(仮)

自分が自分で無くなった時に、自分を知る為の唯一の手掛かりを綴る、極めて個人的な私信。チラ裏レベルの今日という日を忘れないように。4年目。

お言葉を返すようですが、迷惑住民には底辺のおっさんだって黙ってない。

連日、雨が続く。北海道は長雨こそ少ないが、本州の梅雨明け後にこうして短期間だけ雨が降り続く。向こう一週間ほどは晴れ間が戻りそうに無く、ウンザリする。今日は朝9時の時点で室温28度、湿度70%。不快指数 - 高精度計算サイトで計算すると不快指数78.4で、やや暑い体感となっており、僕の今の気持ちに合致する。湿度70%を超えると、湿気を伴う空気が纏わり付く様で非常に不快である。アトピー肌と秤にかけると、50%台が丁度良い。しかし、除湿機を付けると排熱で室温が30度を超えてしまうし、その割に湿度は思ったほど下がらず、電気代も馬鹿にならないのでもう諦めた。その上、コンプレッサーが煩くてたまらないから、洗濯物の乾燥以外の用途では付けない事にした。僕の身の回りでは、ハイテク機器よりこういうアナログな製品の方が故障しやすい。洗濯機しかり、冷蔵庫しかり、電子レンジしかり。どれも10年は持ちそうなモノばかりなのに、どれも5年と持った事が無い。この調子だと、そこに除湿機も加わるかもしれない。

湿度と言えば、昨夜のためしてガッテンで、ダニをテーマに取り扱っていた。ダニは通常、湿度60%以上で繁殖を始めるらしく、それより湿度が低いと、死にはしないが動きが緩慢になり、繁殖もしないらしい。ダニは過酷な環境でも生存できる厄介な奴なのだが、高温には弱く、50度の熱で20~30分ほどで死滅し、60度なら即死するらしい。故に、番組では乾燥機の使用を勧めていた。天日干し程度ではダニにとって日光浴程度にしかならないそうだ。もちろん紫外線には動じない。これは眼から鱗だった。気付けば水曜日は、ためしてガッテン~ホンマでっか~花咲舞が黙ってないと、テレビを観ている時間が長い曜日だ。なんだかんだで花咲舞は面白い。

ときに同じフロアの住民の迷惑行為が目に余る程だったから、我慢できずに管理会社に連絡した。相手がどんな気質の住民か分からないから念の為に詳細は伏せるが、ここは底辺が集うアパート故に、色々と問題は多い。僕も底辺中の底辺だという自覚はあるが、だからこそ、努めて人畜無害であろうと、息を潜めて暮らしている。そんなアパートだが、上階に新たに誰かが入居したらしく、昨晩、荷物を搬入していた。少しでもマトモな人である事を願うばかりだ。もし迷惑住民だったら、底辺のおっさんだって黙ってない。

広告を非表示にする