チラ裏レベルの人生記(仮)

自分が自分で無くなった時に、自分を知る為の唯一の手掛かりを綴る、極めて個人的な私信。チラ裏レベルの今日という日を忘れないように。4年目。

ああ俺もこうやってキ印と化していくんだなぁという瞬間がしばしば見受けられる今日このごろ。

連ドラ「花咲舞が黙ってない」が恙無く終了し、コント番組「LIFE」も突然終了したので、定期的に観ている番組がガキ使くらいになった。毎週同じ時間に拘束される事にしんどさを感じてきたので、ちょっと休憩しても良いのだが、試みに10月から新たに始まる連ドラのラインナップをざっと眺めてみた。なんとなく気になるレベルの作品はいくつかあるが、じゃあそれを毎週観る気力があるかと問われれば難しい。とりあえず、フジ木曜22時「オトナ女子」、TBS日曜21時「下町ロケット」、日テレ日曜22時30分「エンジェル・ハート」の3本の初回放送を観てみる事にした。しかし3本を毎週観るとなると相当の覚悟を要するだろう。そうでなくとも俺は1日の時間が足りなすぎると考えている人間なのだ。超絶暇人のはずなのに此は如何に。俺だけ30時間は欲しい。

ときに最近はNetfilixだとかhuluだとかが世を席巻し、海外の連ドラもレンタルするまでも無く、わんさか観られる環境が整っているそうだが、仮にお金があっても観る時間が取れないのが悩ましいと思う。俺の様な暇人ですらそうなのだから、フルタイムで働いている人なら尚更だろう。自分の要領の悪さは嘆かわしいのを通り越して忌々しいレベルだ。まあそもそも要領が良ければ、こんな風にドロップアウトする事も無かったのかも知れない。こう書いていたら、俺の要領の悪さを論っては毎日ドヤし続けたブラック上司の顔を思い出して胸糞悪い。しかし、俺が出来損ないなのも厳然たる事実だからやるせない。

先日も書いたが、トラックボールマウスの反応の悪さのせいで、普段より力を加えないと正常に操作できないから、手が強張って疲労が溜まる。一日の大半をPCの前で過ごしている身としては、これは精神的にも相当なストレスである。昨日、外出した際に、目の前で一時停止を守らずに交差点に進入してきた車に瞬間湯沸器的にイラッと来て、思わず睨みつけてしまった。俺もそろそろキ印の仲間入りの時期だろうか。自分が犯罪者にならないという確証はどこにもない。俺もいわゆる「無敵の人」なのだ。とは言え、何か悪巧みするにしても、そこでも要領の悪さがネックになったりするんだから嗤えるな。

広告を非表示にする