チラ裏レベルの人生記(仮)

自分が自分で無くなった時に、自分を知る為の唯一の手掛かりを綴る、極めて個人的な私信。チラ裏レベルの今日という日を忘れないように。4年目。

福山&吹石の結婚を「ショックぅ~」と嘆く女はイミフ過ぎて凡人には理解し難い。

朝晩の冷え込みが強まり、日中に窓を開けっ放しにしておくのも段々と厳しくなってきた。空気の冷たさに秋の深まりを感じる。これくらいの時期に着る服が足りなかったので、意を決して一着ポチった。欲しいモノは山程あれど、衣類を優先してしまうのは、僕が見栄っ張り且つ醜形コンプだからだ。新しい服に袖を通す時、そしてそれが自分のカラダにジャストフィットする時、僕はこの上ない高揚感と満足感を覚える。近々届く服がそうである事を願う。

昨日は福山雅治吹石一恵の結婚が方々で取り沙汰され、なんとも喧しかった。ニュースでも取り扱うくらいだからちょっと異常だ。そのどこでも見聞きしたのが、街頭インタビューの女性達による福山の結婚がショックという声だったのが、僕にはこれがまったくイミフである。どういう意味合いでショックと言っているのか理解できないのである。「美男はやっぱり美女とくっつくのね・・・」という意味ならまだ分からなくもない。インタビューに登場するのは概ね並より下レベルの女性達だからである。

しかし10代、20代のアイドル風情ならいざしらず、超絶イケメソとはいえ46歳の独男がまだかまだかと待望された挙句、ようやく結婚に至ったのだから、寧ろめでたい気持ちが口をついて出るのだが普通だと思うし、「ショックぅ~」などと嘆くのは、吹石にも失礼な気がする。福山が50代、60代になっても延々と独身貴族を貫き、挙げ句の果てにはゲイ疑惑を引きずったまま、一生を終えた方が良いとでも言うのだろうか。仮にゲイだとしても全く問題は無いのだが、「ショックぅ~」と嘆く連中はきっとゲイだったしても否定的な反応をするに違いない。世の中には斯様にド阿呆が多い。次は岡村隆史に春が来て欲しい。

 

定期測定。

体重 : 65.45 kg (-0.35)

BMI : 20.5 (-0.2)

体脂肪率 :16.5 % (-0.4)

内臓脂肪レベル :7.0 (±0)

体内年齢 :実年齢-6 (±0)

広告を非表示にする