読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チラ裏レベルの人生記(仮)

自分が自分で無くなった時に、自分を知る為の唯一の手掛かりを綴る、極めて個人的な私信。チラ裏レベルの今日という日を忘れないように。4年目。

センスプにデデーンと載っているASKAのリアルな御尊顔を見て私は居た堪れなくなった。

昨日は予報の通り、程々に吹雪だった。私は例の傘を差して恒例の買い出しに行ったのだが、風が強すぎるせいで傘骨がひしゃげてなかなかしんどい思いをした。グラスファイバー製だから軽くて柔軟なのが強みではあるのだが、その分しなやか過ぎて、耐風という面で意外にも心許ない事が判明したのは、ある意味良かった。しかし、さすがに壊れるのでは無いかと心配する程ひしゃげても、全く傷むこと無く元通りの形に戻るのは、さすがグラスファイバー製だと言える。さすがにコンビニ傘ではこうはいかない。携帯用の強度が分かった今、フルレングスの方をポチりたい衝動が沸々と高まり始めた。物欲がハンパない。年越しできる事が決まったのも私の気持ちを幾分大きくしているが、来年からこれまで以上に余裕が無くなる事も分かっているから無茶もできない。咳をしても一人、溜息をついても一人だ。ときに昨日は買い物がてら書店に寄って、センテンススプリング最新号をパラパラめくってみた。巷で話題のユニクロ潜入の記事がどんなんかな~って具合に気になったからだが、そこに至る前に白黒ページにデデーンと虚ろな目をしたおっさんの顔が載っていて、誰かしらと思ったらなんとASKAだった。キャプションが無ければまず判別できないほど別人の様な風貌に私は愕然とし、そして居た堪れない気持ちになって、そのままそっ閉じし、立ち読みする事なく店を出た。ああやってさらし首の様に、素の表情を公開されなければならない社会的意義があるのだろうか。吹雪の中、私は「太陽と埃の中で」を口ずさみながら帰路に就き、部屋に戻ってから改めて「太陽と埃の中で」を聴いたのだった。

 

定期測定。

体重 :63.5 kg (+0.15)

BMI :19.9 (±0)

体脂肪率 :14.8 % (-0.2)

内臓脂肪レベル :5.5 (±0)

体内年齢 :実年齢-9 (±0)

広告を非表示にする