チラ裏レベルの人生記(仮)

自分が自分で無くなった時に、自分を知る為の唯一の手掛かりを綴る、極めて個人的な私信。チラ裏レベルの今日という日を忘れないように。4年目。

マダム・メドラー おせっかいは幸せの始まり

ローリーン・スカファリア監督作「マダム・メドラー おせっかいは幸せの始まり」("The Meddler" : 2015)[DVD]

お節介焼きの熟年女性が、最愛の夫を亡くした後、積極的に人に関与する事で新たな幸せを創り出していく様を描くコメディ・ドラマ作品。

 

楽天家でおせっかい焼きの熟年女性マーニーは、最愛の夫ジョーイを亡くして一年余りが経ったのに伴い、ニューヨークからロサンゼルスに移住し、アパートで一人暮らしを始める。実業家として成功していたジョーイの遺産を相続したマーニーは生活に不自由しない代わりに、時間を持て余し、ハリウッドで脚本家を生業とする娘ロリにしきりに干渉する様になる。ロリはジョーイの死に加え、恋人ジェイコブとの別れが続いた事で傷心しており、ジョーイの過度な干渉を嫌う。マーニーはロリに趣味を探す様に促され、病院でボランティアを始める。

マーニーは多忙なロリに代わって、ロリの友人エミリーの開いたベビーシャワーパーティに参加し、そこで妻と離婚したという同年代の男マークを紹介される。マーニーはマークと同郷だと知るが、その誘いをやんわりと断る。マーニーは引き続きロリの家に通うが、ロリは仕事に集中できない事を嘆き、通っているセラピストと相談の上、境界線を引く意向を示す。マーニーは同じセラピストの元を訪ね、ロリが悲しみから抜け出せないでいながら、自らのアドバイスは無用の様だと説く。

バレンタインの夜、マーニーはロリとレストランで会食する。ロリは撮影で数週間ニューヨークに滞在し、しばらく音信不通になる事を明かすと、マーニーがジョーイの兄妹と墓や遺灰について話し合う必要がある事から、撮影が終わる頃にセットを見に来る様に促し、留守中の家と犬の世話を依頼する。そこへ折り悪く、ジェイコブが恋人エリースを連れてやってくる。ロリは自らにも連れ合いがおり、デートの前だと強がるが、マーニーはそれを否定し、ロリの面目を潰す。帰宅後、ロリはマーニーを非難し、互いに自分の人生を楽しむ様に促す。

翌日、ロリはニューヨークに出発する。マーニーは病院のボランティアの途中で、偶然立ち寄った病室の寝たきりの老女の節介を焼く様になる。また、マーニーはロリの友人ジリアンの養女のシッターを買って出ると共に、レズビアンで仮の結婚式しか上げていないジリアンの為に一肌脱ぎ、自らが結婚式の費用を出す意向を示す。ジリアンは感激し、マーニーにプランにも関わる様に請う。更にマーニーは、行き付けのアップルストアで働く青年フレディが、自らのアドバイス夜間学校に通う事を決意すると、送迎を買って出る。

マーニーは、ジリアンがパートナーで海軍出身のダニーの為に船を会場に希望した事から、港に訪れ、船を下見する。港を散策中、マーニーは意図せず映画の撮影現場に紛れ込み、エキストラ役に加わる。その際、マーニーは現場を警備する同世代の男と出会す。

マーニーはジリアン達に提案を喜んでもらう事を自らも喜び、また病院のボランティアも好調に運び、多忙な日々を過ごす。ある夜、フレディは面倒で折り合いの悪い兄についてマーニーに打ち明ける。マーニーは兄にチャンスを与える様に諭す。

マーニーはジリアンとブライズメイド達のドレスの試着に同行し、ジリアンのドレス代をも払う意向を示す。程なく、マーニーは運転中にロリへの留守電に気を取られて衝突事故を起こす。マーニーは再びセラピストの元を訪ね、フレディやジリアンに対して、良かれと思ってしている行為について話す。セラピストは遺産への罪悪感があるのでは無いか、使う事で人に必要とされたいのでは無いか、フレディやジリアンとの関係が夫や娘の身代わりになっているのでは無いかと尋ねる。マーニーは善意を否定するかの様な質問に、俄に気分を害する。

マーニーは真紅の新車を購入する。フレディが兄フレドと仲直りすると、マーニーは早速二人を乗せて送り届ける。夜、モールを散策中、マーニーは撮影現場で会った元警官ジッパーと再会し、ハーレーに乗せてもらう。ジッパーは離婚後、一人で暮らしており、鶏を飼育して卵を採卵している事を明かすと、夜明けにマーニーを自宅へ招き、鶏達を紹介する。マーニーとジッパーは互いの境遇について談笑する。ジッパーは二人の娘の内、一人と折り合いが悪く、その原因が仕事人間だった自分にあり、その娘が現在もリハビリプログラムを受けている事を明かす。マーニーはジッパーに理解を示すと、電話を続けるべきであり、愛していると言葉で伝えてやるべきだと諭す。マーニーはジッパーにロリの家まで送ってもらい、卵と名刺をもらう。マーニーは早速、卵を一つ調理し、舌鼓を打つ。間もなく、マーニーはニューヨークへ向かう。

ニューヨークに到着したマーニーは、ロリにドラマのパイロット版を撮影中のスタジオに招かれ、撮影を観覧する。その後、マーニーはロリとカメラマンのベンと共に会食する。ベンはロリとの交際に前のめりな姿勢を示すが、ロリはそれを敬遠する。その夜、マーニーはロリと同じ部屋に泊まる。ロリは傷心から立ち直る為の回復中だと説く。マーニーはジェイコブにありのままの気持ちを伝えて、やり直すべきだと励ますが、ロリはそれに難色を示す。その反面、ロリはマーニーに親しい男がいると知って歓喜する。マーニーはジッパーの留守電にメッセージを残す。

翌日、マーニーはジョーイの兄妹達と会合し、二回目の命日に合わせてジョーイの思い出談義に花を咲かせた後、遺灰の扱いと墓石を巡って協議する。マーニーはロサンゼルスへの帰りの便で、俄に感傷に浸って涙する。マーニーはジッパーからの留守電メッセージを聞くと、その足で会いに行く。ジッパーはマーニーとの再会を喜ぶと、折り合いの悪かった娘に連絡した事を明かし、娘に会いに行く際に同行する様に誘う。マーニーは逡巡し、素っ気なく断って帰る。

マーニーはジリアンの結婚式に出席する。ジリアンはマーニーに深く感謝する。マーニーはジェイコブを見つけると、ロリがまだ愛しており、別れて心底落ち込んでいる事を伝え、復縁を打診するが、ジェイコブにその気が全く無い事を悟って諦める。その後、マーニーは駐車場に停めた車が盗まれた事に気付き、その場に居合わせたマークにロリの家まで送ってもらう。その際、マーニーはマークにキスを求められ、咄嗟にマークを殴って逃げる。

程なく、マーニーはロサンゼルスに戻ったロリから妊娠検査薬を買ってくる様に求められる。ロリは預けておいた飼い犬を引き取りに行った際に、ジェイコブと寝た事を明かす。検査薬で妊娠のサインが現れると、ロリは歓喜し、産婦人科で改めて妊娠検査を行う。ところがその結果、陰性と判明する。帰宅後、ロリはマーニーが誤って排卵検査薬を買ってきた事を知り、落胆すると同時に、亡きジョーイを恋しく思うあまり、涙する。ロリはパートナーを失って独り身のマーニーを見ている事が辛いと嘆くが、マーニーは自らが独りでは無いと諭す。

その夜、マーニーは病院の寝たきりの老女が、しきりに人差し指で円を描く仕草の真意に気付くと、仕舞っていたダイヤル式電話を持ち出し、老女の病室を訪ねる。マーニーが老女にダイヤルさせると、長らく音信不通だった老女の息子と繋がり、早速息子は老女を訪ねてやってくる。マーニーはその足で海岸へ赴くと、ジョーイの遺灰を海に撒く。パトロール中の警官がそれを違法行為だと咎め、マーニーは署に連行される。程なく、マーニーから連絡を受けたジッパーが駆け付け、マーニーは解放される。ジッパーはマーニーを海岸の駐車場まで送ると、映画に誘う。マーニーはそれに応じる意向を示し、二人はキスをして別れる。車で帰路に就いたマーニーは、突然いなくなった事を心配するロリの留守電を聞いた後、ジリアンの養女のシッターに訪れる。後日、マーニーはジッパーと交際する意向をロリに電話で示唆する。

f:id:horohhoo:20170226133933j:plain

f:id:horohhoo:20170226133937j:plain

f:id:horohhoo:20170226133941j:plain

f:id:horohhoo:20170226133945j:plain

f:id:horohhoo:20170226133948j:plain

f:id:horohhoo:20170226133951j:plain

f:id:horohhoo:20170226133955j:plain

f:id:horohhoo:20170226133959j:plain

f:id:horohhoo:20170226134002j:plain

f:id:horohhoo:20170226134005j:plain

f:id:horohhoo:20170226134008j:plain

f:id:horohhoo:20170226134011j:plain

f:id:horohhoo:20170226134015j:plain

広告を非表示にする