チラ裏レベルの人生記(仮)

自分が自分で無くなった時に、自分を知る為の唯一の手掛かりを綴る、極めて個人的な私信。チラ裏レベルの今日という日を忘れないように。4年目。

ルーキー・ハウス・ガール

フィル・トレイル監督作「ルーキー・ハウス・ガール」("Chalet Girl" : 2011)[DVD]

家計の為に、雪山の高級シャレーで働く事になった少女が、顧客への接遇とスノボへの挑戦を通じて、人生を切り開いていく様を描くロマンチック・コメディ作品。

 

ロンドン。7歳でスケートボードを始めて以後、大会で華々しい成績を残すなどして、スケボーの神童と謳われたキムは、17歳でロンドン予選大会に優勝した直後に、交通事故で母テアを亡くし、スケボーから遠ざかる。19歳のキムは未だテアの死を引きずったままで、人生に目的も無くバーガーショップでバイトをしながら、失業中の父ビルと二人で暮らしていたが、やがて家賃の支払いにも窮する様になる。そんな折、キムは同僚のトレースから、金持ち相手の高級ケータリングの働き口を紹介され、早速面接に挑む。キムは不適格と看做されるも、急遽欠員が出た事で、オーストリアのスキー場のシャレーに四ヶ月間住み込みで掃除と給仕を担う仕事を依頼される。キムは生活能力の無いビルを一人で残して行くのが心配で、一旦は依頼を断るが、ビルは心配が無用だと諭す。キムはビルの為に四ヶ月分の料理を作り置きした後、シャレーのあるアルプスへと出発する。

駅に到着したキムをベテランのジョージーが出迎えに現れ、車でシャレーに連れて行く。ジョージーは金持ちに接客するにも関わらず、貧乏臭い出で立ちで、その上、スキーもできないキムに呆れると、シャレーの持ち主が顧客の接待と家族の旅行以外に来ない事を明かし、自分に恥をかかせない様に釘を刺す。キムはシャレーの一室でジョージーと共同生活を始める。

夕方になり、ジョージーはキムを連れて空港へ赴き、ロンドンからプライベートジェットでやってきた顧客の家族を迎える。キムはジョニー、恋人クロエ、父リチャード、母キャロライン、弟ナイジェルとそれぞれ挨拶を交わす。シャレーに戻ると、キムとジョージーは早速ディナーを準備する。ジョージーはキムに裏方に留まり、給仕には出ない様に命じる。キムは金持ち一家の騒ぎっぷりを見て、まるで別世界の様だと実感する。

キムは空き時間に初めてのスノボに挑戦するが、悪戦苦闘する。その様子を見ていたフィンランド出身のスノーボーダーのミッキーは、キムに見込みがあると説き、手取り足取り指南する。その甲斐があって、キムはたちまちスケボーの要領で滑れる様になる。ミッキーは三ヶ月後に開催される、賞金2万5千ドルをかけたスロープスタイル競技会への参加をキムに勧める。

その夜、ジョニーの家族はシャレーに客を招いてパーティを開く。キムは不慣れながらも求めに応じてドレスアップする。キムはジョニーの蝶ネクタイ結びを手伝う事で意気投合するも、その後で高価なドンペリを誤って開ける失態を演じる。ジョニーとクロエの結婚を願うキャロラインは、ジョニーに早々にクロエにプロポーズする様に急かす。ジョニー達は一ヶ月後にまた来ると伝えてロンドンに帰り、キムは最初の報酬を受け取る。ジョージーはどうにかしてナイジェルと関係を持とうと企てる。

キムはミッキーとスノボの練習に励む。その最中、キムはスキー場で出会ったタラの好意を得て、ウィリーの店でプロ用のボードとウェア一式を格安でレンタルする。キムはその後も練習に明け暮れるが、悪天候が続いてシャレーに篭もらざるを得ず、悶々と過ごす。キムは次第にジョージーと親しくなる。そんな折、ジョージーはキムが誕生日だと知って、クラブへ連れ出す。そこでキムは、タラが有名なスノーボーダーであり、背中を負傷して鎮静剤を投与しながら滑っている事をミッキーから聞く。キム達はジョージーの友人ジュールスを混じえて羽目を外す。ジョージーの提案で、キム達は無断で大勢の客をシャレーに連れ込み、どんちゃん騒ぎする。キムはジョージーとミッキーがセフレの仲だと知る。そこに思いがけず、ジョニーがクレアとナイジェルを連れてやってくる。ジョニーは直ちに客を帰らせると、シャレーの掃除と壊された設備の弁償をキム達に求める。キムはその費用を工面する為にも、競技会に出て優勝する決意を固める。

キムはジョニー達に同行して雪山へ滑りに行く。道中、キムは一番に新雪を滑る「イエティ」と称される謎の人物についてジョニーから聞く。クレアはジョニーと親しげに話すキムに俄に嫉妬する。キムはスノボの、ジョニーはスキーの腕前をそれぞれ披露して滑走する。その途中で、キムはジョニーにジャンプを促されるが、交通事故の瞬間がフラッシュバックして転倒する。キムに対抗心を燃やしたクロエは、無謀なジャンプに挑んで脚を骨折する。ジョニー達は病院に搬送されるクロエに付き添って帰国する。

キムはミッキーの指導の下でジャンプを特訓するが、マットの上では成功しても、雪上では事故がフラッシュバックして失敗し、腕を捻挫する。失意に暮れるキムに、ジョージーは諦めぬ様に励ます。一方、ビルはキムからの連絡が滞っている事への不安を、自宅にやってくる支援員のレクシーに漏らす。レクシーはビルを励まし、ビルは堕落した生活を改め始める。ミッキーは競技会のコースの下見をキムに勧めるが、キムはそれを断る。ミッキーはキムには卓越した才能がある事から、ボードに乗る運命なのだと諭し、キムを奮起させるが、キムは頑なに拒む。

ジョニーの家族が仕事の顧客を連れてやってくる。リチャードが雪山での給仕を求めると、ジョージーは気を使ってキムにその代役を任せ、帯同させる。キムはジョニー達と滑りを楽しんだ後、雪山で顧客達に給仕する。顧客達はキムにセクハラ発言を繰り返す。ジョニーはそれを諌める。リチャードと顧客達が帰ると、ジョニーは一人でシャレーに留まり、キムにスノボの指南役を依頼する。二人は俄に親密な関係になる。ジョニーは仕事も結婚も両親が決めた通りで、自由に選べない事への苦悩を吐露し、本当はロックスターを目指している事を明かす。キムは生前のテアの言葉を引いて、誰でも選んだ道に進めるのだと説く。

キムは住む世界が違うジョニーと深い関係になる事を避けようとするが、ジョニーに二人きりで雪山に誘われる。二人は滑りに興じた後、シャレーに戻ってセックスする。翌朝、家族のコーディネーターから報せを受けたキャロラインが突然シャレーに押しかけ、ジョニーがクロエと婚約しており、間もなくパーティを開く予定になっている事を明かし、キムを咎める。ジョージーはジョニーの婚約について知っていながら話さなかった事をキムに詫びる。

キャロラインはジョニーの浮気を咎め、キムがカネ目当ての女だと諭す。キムはジョニーに嘘つきと詰ってシャレーを出て行く。キムは駅でビルに連絡すると、ビルが心配で競技会に出るのを辞めて帰ると伝える。ビルは自分を理由にして諦める事を認めず、テアも出場を望んでいるはずだと諭す。それを受け、キムは再びシャレーに戻り、競技会の予選に出場する。

ミッキーはジャンプに失敗して負傷する。タラは鎮痛剤を投与して臨み、予選を通過する。キムはまたしてもジャンプ台の手前で事故がフラッシュバックして、跳ぶ事ができず、次点として棄権選手が出るのを待つ事になる。その夜、キムは一人で雪山を歩いて登り、朝日が昇るのを待つ。そこにウィリーがやってきて、イエティだった事が判明する。キムは母の死への苦悩を吐露し、母が恋しいと泣く。キムは朝焼けに照らされた新雪をウィリーと滑走する。一方、ジョニーは婚約パーティの最中に、意を決してクレアに結婚の中止を提案する。憤慨したクレアは、その原因がキムだと悟る。ジョニーはキムに恋している事を認める。クレアはジョニーの股間を松葉杖で殴ってその場を後にする。リチャードはジョニーをシャレーに向かわせる。キムはシャレーでその報せを受ける。

翌日、キムは決勝戦の控室で出場の機会を願って待つ。最後の順番のタラは、体の限界を悟って棄権し、権利をキムに譲る。キムはスタート直前にビルに連絡し、中継を観る様に促す。キムは最後のジャンプで大技を決め、見事優勝する。そこにジョニーが駆けつけ、嘘を付いた事を詫びる。二人はキスをし、観衆は祝福する。ナイジェルはジョージーに交際を申し込む、ジョージーはミッキーを選び、代わりにジュールスがナイジェルに応じる。表彰台に上がったキムを、新たなスターとして皆が讃える。

f:id:horohhoo:20170422124751j:plain

f:id:horohhoo:20170422124755j:plain

f:id:horohhoo:20170422124759j:plain

f:id:horohhoo:20170422124802j:plain

f:id:horohhoo:20170422124805j:plain

f:id:horohhoo:20170422124809j:plain

f:id:horohhoo:20170422124813j:plain

f:id:horohhoo:20170422124816j:plain

f:id:horohhoo:20170422124821j:plain

f:id:horohhoo:20170422124826j:plain

f:id:horohhoo:20170422124828j:plain

f:id:horohhoo:20170422124832j:plain

f:id:horohhoo:20170422124835j:plain

広告を非表示にする