チラ裏レベルの人生記(仮)

自分が自分で無くなった時に、自分を知る為の唯一の手掛かりを綴る、極めて個人的な私信。チラ裏レベルの今日という日を忘れないように。4年目。

ヘルニアの爆発ゲージが欽ちゃんの仮装大賞ばりに溜まってきているのを感じて怖い。

先日、書店で週刊誌をパラパラと立ち読みしてきた際に、何の雑誌だったか忘れたが、長生きできる睡眠的なノリの特集を流し見し、それに拠ると、仰向けでは無く横を向いてクッションを抱く様な姿勢がカラダには良いらしい。じっくり読んだワケでは無いので誤解があるかも知れないが、これは私の椎間板ヘルニアの改善にも合致する方法だと思う。私の場合、手頃なクッションが無いので、自ずと掛け布団を抱く様な姿勢で丸まって寝る事になるが、それでも仰向けよりは快眠を得られる。人生のおよそ三分の一程度は眠って過ごすのだし、睡眠の質が人生の帰趨を左右すると言っても過言では無いだろう。もちろん長生きしたいワケでは無いが、短い人生ならせめてQOLを少しでも上げたい。スプリングがヘタったポンコツベッドで寝ていると、腰痛どころかメンタルまで悪化していく。昨年の丁度今時分に不満をブツクサ垂れながらも整形外科に通っていたのを思い出すが、最近になってまたヘルニアの爆発ゲージが溜まってきているのを感じる。昨年の爆発は、起床時にベッドから起き上がろうとした際の、何気なく腰を捻った動きがきっかけとなった。あれ以来、起き上がるのは注意を払う様になり、一旦仰臥の姿勢からまっすぐ胴体を起こし、それから横を向いて立ち上がるという具合に、いわば二段階起き上がりを実践する事で腰への負荷を軽減している。これから5年先、10年先まで生き長らえたとして、どれだけしんどくなるのか見当もつかない。

広告を非表示にする