チラ裏レベルの人生記(仮)

自分が自分で無くなった時に、自分を知る為の唯一の手掛かりを綴る、極めて個人的な私信。チラ裏レベルの今日という日を忘れないように。4年目。

カフェフラッペを啜りながらのニンゲン観察で己の底辺ぶりを再認識する。

昨日はメンクリ通院日だった。日差しが照りつけて、片道だけで体力を消耗してしまったので、オアシスたるコンビニでまたしてもカフェフラッペに手を伸ばすという暴挙に及んだ。飲み終わると、と言うか、飲み終わるまでもなく、冷コーにしておくべきだったと、毎度ほんのり後悔する。もちろんカフェフラッペはおいしいのだが、冷コーの倍以上の値段に見合うかというとそうでもない。夏は暖房費が大幅に低減する分、こうして涼を取る為についつい浪費しがちだ。アラホーのおっさんの悩みとしては次元が低すぎるし、私の堪え性の無さは嘆かわしいという域を超えている。ビルの中でカフェフラッペを啜りつつ、診察時間を待つ間、小児科を往来する子連れのママさん達を眺めていたら、己の不甲斐なさに居た堪れなくなった。しかし、見目好いママさん達が多かった。世の中にはリア充しかいないのでは無いかという錯覚に陥る。通院のついでに書店に寄って、目の保養の為に女性向けのファッション誌をパラパラと立ち読みしてきたのだが、その内の一冊に結婚できるSEXとかいう特集があった。意中の男を落とす為のSEX指南の様な内容で、ガッツリ目を通したワケでは無いが、女も男に負けず劣らず結婚するのは大変なのかもなぁとしみじみ思った。

 

定期測定。

体重 :63.75 kg (-0.4)

BMI :20.0 (-0.1)

体脂肪率 :14.4 % (-0.8)

内臓脂肪レベル :5.5 (-0.5)

体内年齢 :実年齢-10 (-1)