チラ裏レベルの人生記(仮)

自分が自分で無くなった時に、自分を知る為の唯一の手掛かりを綴る、極めて個人的な私信。チラ裏レベルの今日という日を忘れないように。4年目。

人は見た目がなんとやらという通り容姿端麗だと世間の食いつきが違いますなぁ。

今日も曇天で今にも雨が降り出しそうだ。相変わらず湿度が高くてむさ苦しい。昨日は晴れている時間が長かったので、ン週間ぶりに窓を開けて汚部屋の換気を行ってみたのだが、風が無かったせいか、効果に乏しかった。窓の前が雑木林になっていなければ、いつだって気軽に開放していられるのだが、網戸をしていても小虫がワラワラと侵入するので、そうもいかない。六月もあと一週間で終わるが、今のところ、コバエの繁殖には至っていない。今夏は平年より気温が高めで推移すると予報されているので、一度繁殖が始まると十月辺りまで対処に窮する事になるだろう。夏の暑さに思いを馳せるだけで目眩がしそうだ。それはさておき、昨日は某タレントが癌で死去した話題で持ち切りだった。一昨々日の藤井四段、一昨日のサイコパス女議員、と何かしら世間を賑わす出来事が日々続いている。癌で亡くなるのは不憫な事だし、誰にとっても他人事では無いワケで、それなりに大きく報じられるのは理解できなくもないのだが、NHKまでエビ様の記者会見をフルで中継するのはどうかと思った。根っからの下衆の私には、一タレントの死が美人薄命的なコンテンツとして消費されている様にしか見えなかった。人は見た目がなんとやらという通り、やはり容姿端麗だと世間の食いつきが違う。例えば電通社員の過労死だって、あの女性がアイドルライクなルックスを備えていたから耳目を集め、社会問題化したのであって、もしもっさりしたブサメンが犠牲者だったら、数多ある過労死の一つとしてひっそりと処理されていたかも知れない。ときに、私もそろそろ癌を患ってもおかしくない年頃だが、兆候はどんな形で現れるのだろう。サクッと逝ければ良いのだが・・・