チラ裏レベルの人生記(仮)

自分が自分で無くなった時に、自分を知る為の唯一の手掛かりを綴る、極めて個人的な私信。チラ裏レベルの今日という日を忘れないように。4年目。

タイトルを考えるのも面倒なほど暑くて暑くてどうしようもないんです。

今日も昨日ほどではないにせよ暑い。ほぼほぼ一日中パンイチ+扇風機を付けっぱで過ごしている。しかし、そうやって扇風機を浴び続けていると、なんだかとても疲労が蓄積する気がする。単に精神的な問題とも思えないし、実際に頭がボーっとするのだから、実際に体力が削られているのだろう。このままだと熱中症になってしまわないか不安だ。生産的な物事に何一つ関わっていない私が、自分の部屋で暑さにやられて倒れるなんて事態に陥ったら実に情けない。万が一、救急車を呼ぼうものなら拒否られるかも知れない。しかし、今週の予報にも30度超えの日が連なっている。近年こんなに暑い日が続く事は無かった。少なくとも私がこちらに移り住んでからは、30度超えするのは年にせいぜい数日だった。帳尻を合わせる様に、夏の後半は一転して平年より涼しくなったりしないだろうか。暑くて困る事の一つが洗濯物の部屋干しで、除湿機の乾燥モードと扇風機を併用しなければ生乾きになってしまう。除湿機の排熱で室温が上がり、その上、自分に扇風機を当てられないという二重苦の地獄を味わわなければならないのは本当にツラい。これを書いているまさに今、洗濯をしようか迷っているのだが、既に室温が30度に達する勢いで全くやる気がしない。