チラ裏レベルの人生記(仮)

自分が自分で無くなった時に、自分を知る為の唯一の手掛かりを綴る、極めて個人的な私信。チラ裏レベルの今日という日を忘れないように。4年目。

周りでぽこぽこ建つ新築の家を観ているとどんな家になるんだろうどんな人が住むんだろうって想像を膨らませちゃう。

今朝はなにやら隣人Qの部屋で工事を行っている様子。電動ドリルでギュルギュルやられる度に、薄壁を通して耳を劈く様な音と振動が伝わってきて、騒々しいなんてレベルの話では無い。突然始まったからいったい何事かと思い、憤激の余り、壁ドン或いは怒鳴り込みに行こうかと思ったが、豆腐メンタル故にそんな蛮勇を振るう事はできない。しかし、これくらいの工事を行うなら、普通は隣人に断りくらい入れないだろうか。私の様に朝っぱらから引きこもっている廃人のゴミクズには、配慮など無用という判断かも知れない。そう思われていても私の方からなんら反論できないのだから口惜しい。Qが入居してから、というか、管理会社が変わってから、私にとっては不都合な事ばかり起きている。以前の会社はある意味で放置主義な半面、諸事への介入も少なかったら気楽だった。こういった変化も時代の要請なのだろうか。社会から完全にドロップアウトしていると、社会人なら当たり前の常識すら身に着けずに齢ばかり取ってしまう。工事と言えば、窓を開けていると、そこかしこから新築工事の音が聞こえてくる。近所をほっつき歩いていると、文字通りそこかしこで家を取り壊して新築の戸建てを建てているのが目につく。羨んでも仕方ないが、どんな家が建つのか、他人事ながら楽しみでもある。金はあるところにはあるのだなぁ。