チラ裏レベルの人生記(仮)

自分が自分で無くなった時に、自分を知る為の唯一の手掛かりを綴る、極めて個人的な私信。チラ裏レベルの今日という日を忘れないように。4年目。

ゲーム廃人の隣人Xもどうやらドラクエ11をプレイしているみたいで草生える。

ようやく夏の折り返しといったところか。七月上旬は異常な暑さでこの先どうなる事かと心配していたのだが、下旬は平年並みの北海道らしい夏に戻って、夏嫌いの私でも程々に過ごしやすい。予報によると今週も大きな変化は無さそうで一安心だ。ときに、ゲーム廃人の隣人Xは季節を問わず、毎晩明け方までゲームをしている事が多い、というか薄壁を通して聞こえてくる音で、私が勝手にそう推察しているだけなのだが、昨晩、私が中途覚醒した時にドラクエの様な効果音が聞こえてきたので、ひょっとしたらXもドラクエ11をプレイしているのかも知れない。どうという話でも無いが、ミーハー野郎の私としては、世間がワーキャー騒いでいると、そのビッグウエーブにどうにかして乗ってみたくなる。いまだに3DSを所持していないのが悔やまれる。3DSの生産中止が発表された直後に、一時、転売価格がアホみたく吊り上がっていたので、購入を諦めたかけたところだが、その後になってまた定価で販売され始めた。ドラクエ11の発売に合わせて本体の在庫が解放されたのだろうか。いずれこれも消え去って、また法外な転売価格に戻るのかも知れない。喚いたところで当分は購入資金を工面できないので、指を咥えて見ているしかない。この数ヶ月は財政的に厳しい状況下にあって、溜まりに溜まった物欲が破裂しそうだ。右手のポチリ指がウズウズして常に震えている。