チラ裏レベルの人生記(仮)

自分が自分で無くなった時に、自分を知る為の唯一の手掛かりを綴る、極めて個人的な私信。チラ裏レベルの今日という日を忘れないように。4年目。

今夏こそグラサンを買ってオラついている風貌を装いたかったのに結局買わずじまいだった。

今日も割合涼しくて快適だ。高校野球は雨天で中止らしく当たり障りの無い番組に差し替えられているが、これがまたつまらない。こういう時に過去のNスペなんかを再放送してくれれば良いのに。世間様の盆休みがいつまでなのか知る由もないのだが、Uターンラッシュが始まっていると聞いたから今日はまだ盆休みなのだろう。アラホー廃人の私が昼下がりに出歩いても白い目で見られる事は無いはずだ、と言い聞かせて毎週恒例の火曜市へと繰り出そう。外出する前には、超絶不細工キモグロ汚物フェイスでズボラな私も、さすがに鏡を見て最低限の身だしなみを整えるワケだが、自分のフェイスをしげしげと眺めていたら、肌の張りが急激に失われた様な気がしてならない。三十年近くアトピーの薬を使用してきたので、肌が相当劣化しているにしても、この萎れっぷりはハンパない。超絶不細工(以下略ぶりに拍車がかかってしまう。こんな私でも、というかこんな私だからこそ、一応ニベアメンのアクティブエイジローションを毎日欠かさず塗っているのだが、やはり底辺暮らしのヒキエッティには効果が無いのかも知れない。こんな汚顔を隠したいのと、日差しを避けたいのとで今年こそグラサンを買おうと考えていたのに、結局買わずに夏が終わりそうである。