チラ裏レベルの人生記(仮)

自分が自分で無くなった時に、自分を知る為の唯一の手掛かりを綴る、極めて個人的な私信。チラ裏レベルの今日という日を忘れないように。4年目。

昨夜の激しい雷雨でいよいよフルレングスの良さげな傘を購入する決意を固めた私。

昨日は数時間に渡って雷雨が続き、それはもう酷い悪天候だった。私がこちらに来てからン年経つが、ここまで激しい雷雨は無かったと思う。おそらく町内の何処か、割りと近隣にでも雷が落ちたのでは無いかと感じさせるほど、激しい轟音とそれに伴う振動に見舞われた。今朝は打って変わって嘘の様にピーカンである。この好天は週の中頃で終わり、週末にかけて再び天候が崩れるらしい。ときに、昨日の昼過ぎに最寄りのスーパーまで出かけた際に、大丈夫だろうと思って傘を持たなかったら、帰り道で激しく雨が降り始めたから、久しぶりにずぶ濡れなってしまった。そこで私は、予てから検討していたフルレングスの傘の購入をいよいよ決断する気になり、カートに入れたままの当該品を改めて眺めていたのだが、結局最後のひとポチりができなかった。こんなに迷う理由は、偏に底辺の私には分不相応な価格の傘だからである。アラホーに至るまでほぼほぼコンビニのビニール傘しか使った事の無かった私が、意を決してややお高めの携帯用の傘を購入したのが一昨年だった。フルレングスと折りたたみの間の子の様な傘で、通院などで傘立てに入れた際に盗まれるのを忌避し、常に手元に置いておける良さげな品を探して、その傘に辿り着いた。それはそれで持ち運びには便利なのだが、無駄にたっぱがある私には小ぶりで強雨への対応は難しく、更に柔らか過ぎて強風でしなるのが難点だった。そこでやはりフルレングスの傘も一本備えておきたいと思い始めたワケだが、一度まともな品質の傘を使うともうビニール傘に戻る気がせず、いまカートに入っている傘を欲している次第である。今日こそ最後のひとポチリができるだろうか。