チラ裏レベルの人生記(仮)

自分が自分で無くなった時に、自分を知る為の唯一の手掛かりを綴る、極めて個人的な私信。チラ裏レベルの今日という日を忘れないように。4年目。

超絶ブサキモグロフェイスをアウトロー的に中和するヒゲノミクス計画再始動。

関東方面ではこの時期としては四十ン年ぶりの寒さになったとかで騒いでいたが、こちらの感覚からすると何でも無い気温でなんとも白々しかった。と言っても、こちらはこちらで真逆の事で騒いでいたりするのでお互い様なのだが。室温は20度を下回ってほんのり寒い程度だが、まだ暖房を付けるには早い。日記を遡ったら昨年は11月入りと同時に暖房を初起動していた。今年の気温がどう推移するか分からないが、あと二週間ほどで暖房を入れるシーズンに突入か。あっという間に年が暮れてしまいそうだ。ときに私はまだ、髭を生やす事で超絶ブサキモグロフェイスをマイルドに中和するという、ヒゲノミクス計画を諦めきれずにいて、土曜から剃らずに放置して様子を見ているところである。今回は気に入らない鼻下の髭は剃って顎髭だけを残しているだが、挫折した前々回、前回と同様、やはりイケているとは思えない。髪質も最悪なら髭質も最悪なのか。おまけに髭が生えている部分のアトピーの具合が思わしくなく、パッサパサに乾燥して逆に見苦しくもある。これでは本末転倒では無いか。ムショク廃人ならではのこの試みだが、今回も中止せざるを得ないというか、そもそもこの計画自体を完全に断念すべきなのかも知れない。まったく忌々しい遺伝子を受け継いだものだ。この齢で醜形コンプから脱する術は無いものか。