チラ裏レベルの人生記(仮)

自分が自分で無くなった時に、自分を知る為の唯一の手掛かりを綴る、極めて個人的な私信。チラ裏レベルの今日という日を忘れないように。4年目。

デッド・オア・ラン

ピーター・ビリングスリー監督作「デッド・オア・ラン」("Term Life" : 2016)[DVD]

完璧な強盗計画を売って稼いでいる男が、騙された挙句、命を狙われる羽目となり、 長らく疎遠だった最愛の娘を連れて逃走する様を描くアクション・ドラマ作品。

 

ジョージア州アトランタ。ニックは完璧な強盗計画を練り上げ、それを実行希望者に売る事を稼業としている。ニックは12年前に別れた前妻ルーシーとの間に儲けた、16歳の最愛の娘ケイトを危険に晒す事を嫌い、長らく仕送りのみを行い、離れ離れで暮らしいる。しかし、ニックはケイトの成長ぶりを密かに見守り続けており、ルーシーがアルコール中毒で更生施設に入った後、ケイトが悪友達と夜な夜な遊び回った末に未成年飲酒で捕まった事を憂い、ケイトを更生させてまともな人生を歩ませたいと願っている。

ある時、ニックはフルトン郡の裁判所に現金25万ドルが保管されているとの情報を聞きつけ、その強奪から脱出に至るまでの詳細な計画をアレハンドロ率いる犯罪グループに売る。アレハンドロ達はそれに従い、意表を突く方法で白昼堂々、裁判所の証拠品保管庫から現金を収めたバッグを盗み出す。その後、アレハンドロ達は人気のない倉庫に逃げ込み、計画の成功を歓ぶが、そこへ刑事キーナン率いる悪徳警官グループが現れ、アレハンドロ達を皆殺しにすると、現金を奪い、証拠を隠滅して逃走する。

ニックは旧知の仲で良き理解者のハーパーから、アレハンドロ達が皆殺しにされた事、アレハンドロの父親がメキシコ・カルテルのリーダーである事を知らされる。ニックはケイトの身を案じ、最悪の事態に備えるべく、早速50万ドルの定期保険を申し込む。ニックは中古車を手配し、状況が分かるまで安全な場所で待機する事を決意するが、その矢先にヴィクターの手先に捕らえられ、ヴィクターの待つ廃墟へと連行される。ヴィクターは計画を他の誰に売ったのか尋問する。ニックは他へ売った事を否定し、自らは計画しただけだと訴える。ヴィクターはそれを真に受けず、手下二人を残してケイトを探しに行く。ニックは不意を突いて手下を撃退し、逃走すると、ケイトが暮らすアパートへ先に到着するが、ケイトは突然現れたニックに反抗する。間もなく、そこへヴィクターの手下がやってくる。ニックは敵を欺き、ケイトを強引に連れ出すと、隠れ家へ招く。ケイトはニックが撮り貯めた自分の写真の数々を見つけ、ずっと見張られていた事を知る。

程なく、ニックはケイトを連れてアトランタを離れ、ヘイスティングスのホテルに身を寄せる。キーナンらは廃墟で見つかったヴィクターの手下の遺体を確認する。キーナンはニックがヴィクターに殺される思惑を描く。ケイトはニックが寝入っている隙にホテルを抜け出し、アパートに帰ろうとするが、それに気付いたニックに連れ戻される。一方、ヴィクターはアトランタ警察にコネがあるオスカー宅へ押し入り、協力を強要する。

ニックはケイトを連れて、25万ドルの情報提供者ジミーの元を訪ね、情報源について問い質す。ジミーは裁判所で会った男から聞いた事を明かす。ニックはその男に会わせるよう求め、ジミーは男に連絡し、ニック達を指定された駐車場へ連れて行く。ニック達はそこで男の待ち伏せに遭い、ジミーが銃撃を受けて死ぬ。ニックは格闘の末に男を殺し、身分証からそれが刑事ディナルディだと知ると、それをハーパーに報せる。ニックは、裁判所から盗まれた現金がキーナンらの不正を暴くための動かぬ証拠だったが、アレハンドロが盗んだ為に検察が告訴を取り下げざるを得なくなった事を知る。一方、ヴィクターはアレハンドロがヴィクターの金をラスベガスのカジノへ注ぎ込んで大負けし、取り返そうとして現金強奪に及んだ事を知ると、是が非でもニックを見つけ出すよう手下に命じる。

キーナンはディナルディの死を受け、真相が明らかになる事を危惧し、ニックへの早急な対処を迫られる。ハーパーはキーナンが覆面捜査官を長年務める内に、あらゆる悪事に手を染める様になった事をニックに伝えると、行く先々にキーナンが仲間を張り巡らせている事を危惧し、しばらくヘイスティングスに留まるよう促す。ニックは反抗的なケイトに手を焼くが、ケイトはニックと一緒に時を過ごす内に次第に心を開いていく。一方、キーナンの部下マティは、監察官にずっと見張られている状態に耐えかね、仲間から抜ける事をキーナンに願い出るが、キーナンは自分達が悪人から金を盗んでいるのだと説き伏せる。

ニックは音楽好きなケイトにギターを買い与え、更に夜の遊園地へ遊びに連れ出す。ケイトは事件が解決次第、一緒に旅に出かける事を希望する。ケイトはこれまで語ってこなかったルーシーとの馴れ初めを明かす。二人は父娘の仲を深めていく。一方、キーナンはマティが監察官と接触している場を押さえた決定的な写真を入手すると、モーテルに誘い込んでマティを射殺し、ニックが殺して逃走した様に装う。間もなく、ニックは全国に指名手配される。

翌日、ニックは街中で保安官ブレイドンの様子を観て異変を察知すると、直ちに逃走の準備を始め、追手を分散させる為にケイトに別行動で逃げるよう命じる。ケイトはホテルで知り合った青年アダムに陽動を依頼し、車で逃走する。ニックは追ってきたブレイドンに捕らえられ、事務所へ連行される。ブレイドンは警察にニック逮捕を報せる。その直後、ヴィクターの手下が警官を装ってニックの身柄を引き取りに来る。オスカーが警官の偽の認証番号の照会に応じる事でブレイドンを信用させ、ニックはヴィクターの車で連れ去られる。ケイトはその車を尾行する。

ヴィクターはニック、ケイト共々殺す意向を示す。間もなく、ブレイドンはキーナンからニックを迎えに行くとの連絡を受け、騙された事に気付くと、直ちにニックを乗せた車を追跡し、強引に停止させるが、ヴィクターの手下に返り討ちに遭って殺される。その時、ケイトが不意を突いてヴィクターに拳銃を突きつける。拘束を解いたニックは、アレハンドロ殺しの黒幕がキーナンだと説き、無実を自ら証明する意向を示すと、ヴィクターらを殺さずに置き去りにしてケイトと逃走する。ニックはケイトが危険を冒して関わり過ぎた事を咎める。ケイトはニックを助けたかったのだと訴えるが、ニックは自分の事は心配するなと叱りつける。ケイトは憤り、ニックを路上に置いて走り去る。一方、キーナンはニック達が滞在していたホテルを捜索し、ケイトの存在を掴む。ケイトはホテルに戻れない事を知ると、友人ベッカのアパートを訪ね、そこで待ち伏せていたキーナンの部下に捉えられる。

翌日、ケイトの身を案じるニックは、マティが資産隠しの為に作ったダミー会社を訪ね、マティが所有していたボートの中から、マティがくすねた現金の一部を見つける。その時、ニックはキーナンから連絡を受け、指定された廃工場を訪ねる。キーナンは手下二人を率いて、ケイトを人質に取って現れる。ニックはマティが奪った現金の一部を監察官に渡してキーナンを売ろうとし、それを知ったキーナンがマティを殺したのだと喝破する。手下二人はキーナンに反発し、仲間割れする。キーナンは銃撃戦の末に手下二人を射殺する。ニックとケイトはその隙に乗じて逃走する。ケイトはニックに腹案を提示する。

その夜、帰宅したキーナンは冷蔵庫にマティがくすねた現金を見つけると、銃を携え、侵入者を探して庭に出る。そこで待ち伏せていたケイトはキーナンに銃を構える。キーナンはニックに罪を着せ、ヴィクターは息子の恨みを晴らす事ができ、自らは証拠品を取り戻して一件落着を図るのだという、目論見を明かすと、不意を突いてケイトを殺そうとする。そこへ、ケイトの要請を受けたヴィクターが手下と共に姿を現し、キーナンを銃撃すると、そのままトラックで連れ去る。

その後、検事局は奪われた金を回収し、キーナンは複数の殺人罪で指名手配され、ニックの容疑は完全に晴れる。ニックはルーシーと話し合い、ルーシーが治療に専念する間、ケイトと暮らしながらルーシーを支えていく意向を示す。ニックとルーシーは父娘の絆を取り戻す。

f:id:horohhoo:20171021141747j:plain

f:id:horohhoo:20171021141751j:plain

f:id:horohhoo:20171021141754j:plain

f:id:horohhoo:20171021141810j:plain

f:id:horohhoo:20171021141815j:plain

f:id:horohhoo:20171021141820j:plain

f:id:horohhoo:20171021141824j:plain

f:id:horohhoo:20171021141833j:plain

f:id:horohhoo:20171021141838j:plain

f:id:horohhoo:20171021141843j:plain

f:id:horohhoo:20171021141849j:plain

f:id:horohhoo:20171021141857j:plain

f:id:horohhoo:20171021141906j:plain

f:id:horohhoo:20171021141915j:plain

f:id:horohhoo:20171021141923j:plain