チラ裏レベルの人生記(仮)

自分が自分で無くなった時に、自分を知る為の唯一の手掛かりを綴る、極めて個人的な私信。チラ裏レベルの今日という日を忘れないように。6年目。

20240609

今日も昼前に最寄りのスーパーへ買い物に出かけた。曇天で強風が吹き荒れていたから、帽子が飛ばされないかそれだけが心配だった。帽子はどれもお気に入りで、一つたりとも無くしたくないのだ。とまれ、特売日であれやこれやとゲットできて良かった。今月乗り切りれば来月は財政状況が多少マシになる予定だから辛抱だ。