チラ裏レベルの人生記(仮)

自分が自分で無くなった時に、自分を知る為の唯一の手掛かりを綴る、極めて個人的な私信。チラ裏レベルの今日という日を忘れないように。6年目。

20191113

首の裏から両肩にかけて広がる謎の鈍痛はまだ治りそうにない。偏頭痛と筋肉痛のコンボで攻められている感じがして、これまで余り経験した事がない症状だ。何かしら病の兆しならいっその事、サクッと諦めが付くくらいの大病であって欲しい。ときに先週、都心部シネコンへ出かけたついでに、当地最大のツタヤへ寄ってゲーム・オブ・スローンズ最終シーズンのBDを纏めて借りてきたのだが、今日でそれらを全て観終わった。丁度昨年の今頃に遅ればせながらアマプラで最初からシーズン7まで一気観し、最終シーズンが観られる日が来るのを悶々としながら待っていたのだった。巷の評価はこの最終シーズンに限っては芳しくないようだが、私としては十分満足できる内容になっていたので、やはり私のような腐れ外道は世間様とは考え方が違ってくるのかしらと思った。今日は曇天ながらも昨日と比べると穏やかな天候で、最寄りのツタヤへ先週借りた商品の返却に出かけた。

20191112

今日はさながら台風のような暴風が吹き荒れるなんだか禍々しい一日だった。低気圧のせいなのかわからないが、後頭部から首の後ろ、そして両肩までの割と広い範囲が、筋肉痛のような鈍痛に襲われていて一日中しんどかった。私は偏頭痛こそ頻繁に経験するが、健全に働いていた頃でさえ肩凝りが生じない体質だから、今回のような鈍痛は40年余りの人生においても珍しい。原因が皆目見当がつかないから、悪霊にでも取り憑かれているのかしらと考えてしまう。単純に年のせいだとしたら寂しい。もしまっとうな人生を歩んでいたら、今頃は子供に肩揉みを頼んで至福に浸っているのかもしれない。昼時には幸い雨が降っていなかったから、鈍痛に苦しみながらも毎週恒例の火曜市へ食材調達には出かけた。

20191111

今日は特に用事もなかったが、おやつを買うために二番目に近いスーパーへ出かけた。昨日届いたばかりの帽子を早速着用してみたところ、質感は文句なしだがサイズ感がほんのり小さくて被った時に形がやや歪むのが気になった。頭囲が大きいから本来ならXLサイズくらいが丁度良いワケだが、サイズ展開がLまでだったからLにしたのだ。XLまで展開しているブランドなんてそうそうないので、ほんのり小さいくらいは我慢せねばならない。しかし、お気に入りの服飾アイテムが増えていくのは気分が良い。次なるセールでは冬用のあったか小物をゲットしたい。ちなみにスーパーではタイミングよく見切り品で半額のおやつを複数買えたので嬉しかった。