チラ裏レベルの人生記(仮)

自分が自分で無くなった時に、自分を知る為の唯一の手掛かりを綴る、極めて個人的な私信。チラ裏レベルの今日という日を忘れないように。6年目。

20181214

今日も終日氷点下の真冬日だった。この時期にこれだけ真冬日が続くのはン十年ぶりらしい。早朝にコインランドリーで定期洗濯をしてきた。新装開店から三回目の利用だが、最初は勝手が違って仕上がりにいまいち満足できなかったものの、今ではもう前の店と同じ金額で洗濯から乾燥まで十分に行えるようになった。その上、機械が最新式でピカピカだから、コスパ的には格段に上回っていると言える。しかし、店内の暖房が入らないのはやはり厳しい。特に今日のような氷点下の日だと、店内の温度もせいぜい一桁台だから、洗濯開始から乾燥終了までのおよそ80分で体が冷え切ってしまう。わざわざサーモスのマグカップを持参し、近所のブンイレで買ったコーヒーを飲む事で暖を取るのだが、終わる頃にはほぼほぼ冷めているのが切ない。自宅に洗濯機と乾燥機を所有できる戸建てが本当に羨ましい。

帰宅後に雪がしんしん降り始め、夕方には30センチほど積もったので外出を控えたが、今日の汚部屋掃除も30分程度で切り上げた。溜まりに溜まった汚れと対峙すると、実働以上の疲労感がのしかかってきて萎えてしまう。それでも少しずつは前進しているので、自分を慰撫してやりたい。

20181213

今日も終日氷点下の真冬日だった。昨日の昼に生じた頭痛は一晩寝たら治ってしまったが、なんとなく倦怠感が取れないから普段よりまったり過ごした。それというのもアトピーの悪化が塗り薬では全く抑えられないからだ。この醜い顔を誰にも見られたくないので外出するのも憚られたが、どうしても入り用の物があったから最寄りのスーパーにだけ出かけた。やはり来週早々にもまた皮膚科へ行って、飲み薬を処方してもらわねば、発狂してしまう。

気掛かりだった電気代の検針が来たが、この一ヶ月は電撃殺虫器をフル稼働していたにも関わらず、普段とほとんど変わらない請求額で安堵した。大して電気を食わないようだ。とりあえず冬の稼働はおしまいだが、来夏にはまた存分に活躍してもらわねばならない。そんな今日はコバエの出現がゼロだった。冬はこの状態が普通であって欲しい。

本調子ではないという言い訳を弄して、今日の汚部屋掃除は30分程度に留めた。このペースだと年内に目標の進捗9割に達するのは難しい。まあ、そもそもが天性のダメ人間なのだし、やれるだけやるしかないか。

20181212

今日も終日氷点下の極寒日和だった。この時期にこれだけ真冬日が連続するのも珍しいが、来週からは暖かくなりそうだから、ひょっとしたら一旦積雪がなくなるかもしれない。今日は予定通りダイソーへ掃除用品と修繕用品を買いに出かけたのだが、外の凍てつく寒さに対して店内は暖房でかなり暖かったから、たちまち気分が悪くなってしまった。次第に頭痛が酷くなってきたから、チンタラチンタラ買い物を済ませ、フラフラになりながら帰路に就いた。道中、凍結路面で足を滑らせたがなんとか転倒せずに済んだのは幸いだった。帰宅後も一向に頭痛と吐き気が収まらなかったので、念のために体温を測ってみたが普通に平熱だった。それでも結局体調は回復しなかったので、今日も汚部屋掃除は休止した。こんなに酷い頭痛は、先の地震のブラックアウト中に脱水状態に陥って以来だ。風邪の引き始めだろうか。おまけにアトピーの方も悪化しているから、絶望感が半端ない。死ねばこんな苦痛を味わわずに済むのに死ねないのがつらい。とりあえず、今日はガスファンヒーターの設定温度を18度に上げる事でポンコツボデーを労る事にした。