チラ裏レベルの人生記(仮)

自分が自分で無くなった時に、自分を知る為の唯一の手掛かりを綴る、極めて個人的な私信。チラ裏レベルの今日という日を忘れないように。4年目。

わお~んデビュー。

対コロンビア戦を観ながら書いたり消したり。そして試合終了・・・もはや何も言うまい。とりあえずお疲れ様。

ところで今更ってハナシなのだけど、昨日、遂に、というか、ようやくWAONをチャージして使い始めた。マックスバリュには火曜市目当てに週一で通っているから、WAONで精算すればポイント還元や割引デーなんかでお得になるのはわかっていたけど、生来のめんどくさがり故に長らくスルーしてきてしまったワケで、この度満を持し過ぎてのWAONデビュー。レジで並んでる最中に咄嗟に思い立って、3,4年前にDLしてそのまま放置してあったガラケーアプリ版WAONを、コレで大丈夫かしらんと不安を感じながらも、颯爽とかざしていざチャージ。自分で鳴らす「わお~ん!」はなんとも心地よい。しこしこポイントを貯めて、インフレと増税分を少しでも相殺できればいいのだけど・・・

電子マネーは各社群雄割拠で、店ごとに使い分けるのがちとめんどくさい。もちろんかざすのはケータイ一つなのだけど、僕はワケあってクレカを持てないので、オートチャージもできず、それぞれの残額を把握した上で、都度継ぎ足しチャージしなきゃならないのよね。だから現在はブンイレさんとこのnanacoと、件のWAONの二つだけ。Edyも入ってるけどポイント還元が小さいからなぁ。っていうかEdyっていつのまにか楽天のサービスになっていたのね。

 

映画鑑賞記

オーレン・ペリ監督作「パラノーマル・アクティビティ」("Paranormal Activity" : 2007)

若いカップルが遭遇する超常現象をモキュメンタリー手法で描いたホラー作品。

デイトレーダーのミカと教師を志し修学中のケイティは同棲を始め、充実した生活を送っていた。ただ一つ気掛かりなのが、深夜に原因不明の不可思議な現象が発生する事だった。昔から同現象に苛まれているとケイティに打ち明けられ、原因を突き止めようと考えたミカは、高性能なカメラを購入し、就寝中を含めた生活の全てをつぶさに動画として記録する事にした。不安に駆られるケイティも渋々これに同意する。記録を開始して間もなく、二人は室内で不自然に物が動いたり、異音が聞こえたりという現象に見舞われる。客観的な証拠を掴みたいミカは尚も撮影を敢行するが、一方でケイティは霊能力者のフレドリックスを招き、対処法について助言を仰ぐ。その間にも、不可思議な現象は続き、やがて得体の知れぬ何かが二人を襲い始める。

一世風靡?した人気シリーズに今更ながら挑戦してみる。制作費15000ドルという超低予算モキュメンタリー故に、ストーリーは至ってシンプル、演者も無名で、全般的にとても小ざっぱりした感じ。ただ1作目ならではのオリジナリティは発揮しているかなと。男の方がデイトレードで生計を立てているという設定がちょっと笑える。結構やり手なのか、そこそこの豪邸に住んでいて、外にはほとんど出ず、一日中引き篭もって悠々自適の生活がなんとも羨ましい(笑)。肝心のホラー要素は不意を突いて驚かす類のネタ多めで、この辺で放り込んで来るなってのは徐々に読めてくる。それでも急に「バンッ!」だの「ギャァァァ!」だの聞こえてきたら、そりゃもうびっくりするワケだけど。シリーズは現在も継続中で5作目まで公開済みらしい。とりあえず二作目を観てみようか、と思える程には楽しめたかな。

f:id:horohhoo:20140625053531j:plain

f:id:horohhoo:20140625053534j:plain

f:id:horohhoo:20140625053538j:plain

f:id:horohhoo:20140625053544j:plain

f:id:horohhoo:20140625053548j:plain

広告を非表示にする