チラ裏レベルの人生記(仮)

自分が自分で無くなった時に、自分を知る為の唯一の手掛かりを綴る、極めて個人的な私信。チラ裏レベルの今日という日を忘れないように。4年目。

ゲゾラ・ガニメ・カメーバ 決戦!南海の大怪獣

本多猪四郎監督作「ゲゾラ・ガニメ・カメーバ 決戦!南海の大怪獣」(1970)[DVD]

南海の孤島へ調査に訪れたグループが、地球侵略を目論む宇宙生物の侵食により巨大化した怪獣達の襲撃に晒され、生き延びる為に奮闘する様を描く特撮怪獣作品。

 

人類の宇宙への夢を乗せた木星探査無人ロケット「ヘリオス7号」は、木星で資料を回収し、三年半後に戻る予定だったが、打ち上げから四ヶ月後に消息を絶つ。ヘリオスは宇宙空間でアメーバ状の宇宙生物に侵食され、そのまま地球へ引き返す。

写真家の工藤はブラジル取材から帰国する旅客機内で、ヘリオスが太平洋に落下傘で不時着する様子を目撃する。工藤は帰国すると、編集部にそれを伝え、海中写真を撮る意向を示すが、笑い者にされる。その場に居合わせた開発会社「アジア開拓」に勤務する星野が工藤に声をかけ、自社宣伝部に招く。部長はハワイとマリアナ諸島の中間にある、島民80人が暮らす未開の島「セルジオ島」の宣伝用写真の撮影を工藤に依頼すると、珍しい植物や生物が生き続ける美しい地上の楽園に、レジャー施設を建設するという社運を賭けた一大事業について明かす。工藤は依頼を断る。そこへ工藤の知己の生物学者の宮博士が、セルジオ島の生物観察の依頼を受けて訪れる。宮はセルジオ島の怪物伝説について自らの目で確かめる事を希望する。工藤はセルジオ島の場所が、ヘリオスを目撃した地点と一致している事を指摘する。

その頃、セルジオ島のレジャー施設建設事務所駐在員の横山と佐倉は、島民から伝説の怪物が出ると恐れられている禁漁区に釣りに出かける。二人が海岸に着くと、南海にも関わらず氷の様に冷たい海面に青白い光が浮かび、巨大化したカミナリイカの怪獣ゲゾラが出現する。佐倉はゲゾラに攫われ、横山は命からがらその場から退散する。横山は部落の祈祷師オンボに伝説の怪物と遭遇した事を伝える。オンボはこれ以上ゲゾラを怒らせてはならないと警告する。

工藤、宮、星野は船でセルジオ島に向かう。船内で、同じくセルジオ島を目指しているという世界風俗研究家の小畑が工藤達に興味を示し、同行を求める。工藤達は島で起きた怪物事件について日本からの報せを受ける。一同はボートに乗り換え、セルジオ島に上陸する。島の青年リコがジープで横山を連れてやってくる。工藤達は横山に事件について尋ねるが、横山は人間の気持ちをテレパシーで悟るというゲゾラを恐れ、佐倉について話す事を拒む。

工藤達はジープに乗り、手始めに大洞窟の調査に向かう。間もなく、海に繋がる水面が青白く光り、激しく波打った後、佐倉の腕時計が打ち上げられる。恐れをなした横山は工藤達を置いて、リコと共にジープで事務所に戻ると、帰国の準備を始める。横山はセルジオ島が悪魔の島だと伝える必要があると説くが、リコはゲゾラが島から出るのを許さず、死ぬ事になると警告する。そこへゲゾラが現れ、事務所を襲撃し、横山が攫われる。リコは飛来したコウモリの群れに窮地を救われる。

ジープを追ってきた工藤達は大破した事務所の傍で、負傷によるショックで記憶を失ったリコを発見する。宮はリコの胸部の吸盤状の不可解な凍傷を見て、怪物は体温が氷点に近い冷血動物だと推測する。工藤達は手分けして横山を探す。その最中、小畑はセルジオ島開拓に関する極秘文書を見つけ、それを回収する。工藤はその様子を目撃する。間もなく、リコの恋人サキが駆けつけ、リコを部落に運ばせる。

島民を従え、祈りを捧げるオンボは、工藤達を悪魔の使いだと詰る。工藤達はリコを小屋に運び入れ、介抱する。小畑は全てが島民の仕組んだ茶番劇の様だと指摘する。工藤は小畑が密かに文書を回収した件を明かし、島に来た目的を問い質す。小畑は自らが産業スパイだと認め、アジア開拓のライバル会社から依頼され、開発計画を盗みに来た事を明かす。

翌日、工藤と宮は潜水器具を身に付け、海底調査に臨む。二人は水深50メートル超の海底でヘリオスを発見し、調査を始める。その矢先にゲゾラが現れ、二人に襲いかかる。二人はモリとナイフでゲゾラの触手を退けようとするが、遂には捕らえられる。そこへイルカの群れが接近すると、二人は触手から解放され、窮地を脱する。ゲゾラは陸に上がると、祈りが続く部落の方へ向かう。島民は一目散に逃げ出すが、オンボは祭壇で祈りを続け、ゲゾラに投げ飛ばされる。ゲゾラは部落を蹂躙すると、島民の後を追う。

生還した工藤と宮は逃げてきた星野達と合流する。星野はゲゾラが篝火に拒否反応を示した事を伝える。宮は、ゲゾラは体温が低い故に火に弱いのだと推測する。工藤達は島民が持ち出してきた事務所のガソリンとライフルの提供を受ける。工藤達は島民にガソリン溜まりの罠を仕掛けさせると、ゲゾラを首尾よく罠に誘き寄せ、火攻めにする。致命傷を負ったゲゾラは海底に沈んだ後、絶命する。その直後、ゲゾラから宇宙生物が流出する。

島民は工藤達を旧陸軍の弾薬庫へ招き、工藤達は銃火器とガソリンで臨戦態勢を整える。工藤達は、海岸で密かにボートに乗って島からの脱出を試みる小畑を発見する。その時、海中から巨大化したカルイシガニの怪獣ガニメが現れる。工藤達はライフルと機関銃でガニメを迎え撃つが、効果に乏しい事を悟り、撤退を強いられる。工藤は星野と共にガニメの追跡から逃れる。工藤はライフルでガニメの目を潰すと、ガソリンと爆薬が仕掛けられた罠にガニメを転落させる。ガニメは爆発で四散する。一方、難を逃れた小畑は島に戻り、そこでガニメの死骸を発見するが、ガニメから流出した宇宙生物に侵食される。宇宙生物は自らの目的が地球の支配だと明かすと、敵を探し出して全て抹殺する様に小畑に命じる。

宮は平凡な生物の巨大化が地球生物学の常識では考えられない事から、地球侵略を目論む高度に進化した宇宙生物の関与を推断する。工藤と宮は得体の知れぬ宇宙生物と戦う術を模索する。そこへサキがやってきて、リコと結婚する意向を示す。その夜、部落でリコとサキの結婚式が盛大に行われる。その最中、工藤が撮影時に焚いたフラッシュがきっかけとなり、リコが記憶を取り戻す。リコはゲゾラがコウモリの群れを忌避して逃げた為に、助かった事を明かす。工藤は海底でゲゾラに襲われた際に、イルカの群れが来て助かった事を思い出す。それを受け、宮は宇宙生物の弱点が超音波だと確信する。

工藤達はコウモリを探して、手分けして洞窟を訪ね回るが、いずれの洞窟からも焼け死んだコウモリの群れが見つかる。探索の最中、工藤と星野はマタマタが巨大化した怪獣カメーバと遭遇するが、逃げ込んだ先の洞窟内で偶然にも生きたコウモリの群れを発見する。

工藤達はそこに拠点を設けると、穴の中にコウモリを閉じ込め、いつでも放てる様に備える。そこに小畑が戻り、工藤達の隙を見計らってコウモリをガソリンで焼き殺そうと企てる。工藤はそれを見つけ、止めに入るが、宇宙生物により強化された小畑の怪力で退けられる。宇宙生物は自らが宇宙の放浪者であり、高度に進化した為に手足を失い、他の生物に寄生する事でしか生きられなくなった事を明かすと、弱点を知った工藤達を殺す意向を示す。星野は小畑が人間のはずだと、その良心に訴えかける。小畑は強要されるままにコウモリの穴に火を放つが、宇宙生物の支配に抵抗し、コウモリを解放してその場を後にする。工藤達の前にガニメとカメーバが現れると、コウモリの群れが二体の周囲を飛び交う。二体は超音波で制御が効かなくなり、本能のままに山の麓を舞台に闘争を始める。

二体はやがて激しい死闘の末に火口に落下し、その直後に火山が爆発を起こす。小畑はマグマの中に身を投じて自殺する。程なく、火山の爆発に気付いた日本の船が島に近寄ってくる。工藤達は船に助けを求めながら、一連の事件について誰にも信じてもらえそうにない事を笑い合う。

f:id:horohhoo:20170118135548j:plain

f:id:horohhoo:20170118135551j:plain

f:id:horohhoo:20170118135555j:plain

f:id:horohhoo:20170118135557j:plain

f:id:horohhoo:20170118135600j:plain

f:id:horohhoo:20170118135603j:plain

f:id:horohhoo:20170118135607j:plain

f:id:horohhoo:20170118135610j:plain

f:id:horohhoo:20170118135614j:plain

f:id:horohhoo:20170118135618j:plain

f:id:horohhoo:20170118135622j:plain

f:id:horohhoo:20170118135626j:plain

f:id:horohhoo:20170118135630j:plain

広告を非表示にする