チラ裏レベルの人生記(仮)

自分が自分で無くなった時に、自分を知る為の唯一の手掛かりを綴る、極めて個人的な私信。チラ裏レベルの今日という日を忘れないように。4年目。

顎髭をモッサモサに生やして冬の寒さをほんのり凌げるレベルに到達してみたい。

今朝の外気温は0度近傍まで下がってさすがに寒かった。10月でもいつ雪が降り出してもおかしくない。まだ冬支度は何一つできていないのだが、雪虫が舞っているのを見ると早々とドカッときそうで怖い。今朝はコーヒーを啜りながらスナックを食べ、布団ミノムシ政見放送を見つつボーっとしていたら、あっという間に睡魔に襲われて寝入ってしまい、目覚めたらもう昼前だった。私と同年代の諸氏でここまで時間を無駄に消費している輩はいないだろう。紛れもなくクズである。生きているのが恥ずかしい。手元に拳銃でもあれば躊躇う事無く頭を吹っ飛ばすだろう。庶民でも容易に拳銃を入手できるメリケンを羨ましく思う。そんなクズの私は昨日も完ヒキで過ごした。昨日はゴミ出しも無かったので、一歩も外に出ていない文字通りの完ヒキだ。スーパーの特売でも無ければ出かける用事が無いのだから仕方ない。逃れられない夏の暑さに比べれば、まだ冬の寒さの方が好きなのだが、こうしてズボラ度MAXな過ごし方になりがちだから良くない。それはさておき、ヒゲノミクス計画で生やしている顎髭が丁度坊主ヘッドの髪と同じくらいの長さになっていて面白い。まだ4ミリ程度で、髭のある状態に慣れないから正直鬱陶しくもあるが、このまま我慢して生えるに任せ、アラホー生涯で未踏の領域に到達してみたい。

 

定期測定。

体重:65.6 kg (+0.35)

BMI:20.6 (+0.1)

体脂肪率:16.2 % (-0.4)

内臓脂肪レベル:7.0 (±0)

体内年齢:実年齢-7 (±0)