読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チラ裏レベルの人生記(仮)

自分が自分で無くなった時に、自分を知る為の唯一の手掛かりを綴る、極めて個人的な私信。チラ裏レベルの今日という日を忘れないように。4年目。

アラホー超絶ブサイクなおっさんにアフガンストールぐるぐる巻きファッションは有りや無しや。

冬が急速に終わっていくのは寂しくもあり、哀しくもあるのだが、嘆いていても季節が止まってくれるワケでも無いから、陰鬱な春夏への心構えをするしかない。日中はぼちぼち暖かくなってきたので、もう真冬用のヘビーなアウターだと厳しく、ライトなアウターに切り替えねばならない。愛用のスヌードも朝晩の冷え込みを凌ぐ程度にしか出番が無い。これは何気にツラい。最近になって考えたのだが、私にとって首元を覆うアイテムは、巷で流行っている伊達マスクに通じるものがある。すなわちスヌード類はブサイクを幾分中和し、豆腐メンタルを保護する役割を担った大切な防具なのである。そんなワケで、首元を覆うモノが何かしら無いと体感の肌寒さ以上に、精神的に寂し過ぎるので、ストールでも巻いてやろうという気持ちになる。手元にはン年前に購入したストールがあるのだが、これが大判のアフガンストールで、私も随分オラついたアイテムに手を出したものだなぁと今にして思ったりして、使用するのに気後れしたりする。果たして私の様なアラホーのおっさんが、このご時世にアフガンストールをガバッと巻いていて、好奇の目に晒されないか不安である。まったく毎年毎年、端境期には着る服に悩まされて、醜形恐怖の私は疲れてしまう。服飾アイテムはいくつあっても足りやしない。

広告を非表示にする