チラ裏レベルの人生記(仮)

自分が自分で無くなった時に、自分を知る為の唯一の手掛かりを綴る、極めて個人的な私信。チラ裏レベルの今日という日を忘れないように。4年目。

寒い季節により一層高まる私の物欲のアンリミテッドぶりがヤバイ。

昨日は台風の余波を受けて、当地では例年より早い降雪に見舞われた。シャーベット状に薄っすら積もった程度だったから数時間足らずで融けてしまったが、引退させようと考えていたスノーブーツを再び使用すべきか悩んだ末に、結局濡れても良い三軍のスニーカーで外出した。道中、傘を差してトボトボ歩きながら、やはり最優先に予算を確保すべきなのはスノーブーツの新調費用だと決意を固めた。しかし、今冬はアウターも買い足したい。ポンコツPCが急タヒする前に買い換える必要があるし、他にもウィッシュリストを挙げだしたらキリがない。常に飽くなき物欲との戦いだ。物欲と言えば、先日シネコンに行ったついでにニトリに寄り、買う気も無いくせに羽毛布団を物色してきたのだが、その軽さに感嘆してしまった。私が今使用しているのはン年前のニトリのポリ布団だが、これと比べたら10分の1くらいの軽さでは無いだろうか。今までそんな軽い布団で寝た事が無いので、どんな寝心地なのかまるで想像できない。ニトリだけにべらぼうに高い価格でも無かったが、今の財政状況では捻出するのはさすがに無理だ。今冬もこの汗やヨダレや加齢臭を吸って湿気ったカビ臭いポリ布団に包まり、布団ミノムシで寒さを凌ぐしか無いか。