チラ裏レベルの人生記(仮)

自分が自分で無くなった時に、自分を知る為の唯一の手掛かりを綴る、極めて個人的な私信。チラ裏レベルの今日という日を忘れないように。4年目。

勝手に通院を止めた病院はそれ以降行きづらくなりますねっていうだけのハナシ。

左腕の肘から腕撓骨筋にかけての痛みが依然として収まらない。丁度ダンベルの上げ下げをする時の様な力の入れ方をすると、強い痛みが生じるので、ちょっと重たい物でも持ち上げるのがしんどい。更に筋肉の付け根の部分を押すと激痛が走るので、この辺に何かが生じているのは間違いなさそうだ。このまま放置しておいて大丈夫なのか心配になってきた。その内、左手が使えなくなるんじゃないかしらと、最悪の事態を想定してしまう。医者に見せるとすればやはり整形外科なのだろうか。しかし、昨年の今時分に坐骨神経痛の真っ只中で通っていた整形外科は、痛みが引いた段階で面倒になり、そのままフェードアウトしてしまったので、「今度は肘が痛いッス」的なノリで行くのは気が引ける。もう少し様子を見て、どうにもこれはヤバそうだと思ったら、どこか近場で別の整形外科に行く事にし、それまで湿布でも貼っておこうか。また金が飛んでいくな。なんか嫌だな、怖いな。それにしても、あの椎間板ヘルニアからの坐骨神経痛地獄が、もう一年も前とは時の流れの速さは無情だ。痛みで右脚の自由がかなり制限され、普通に歩く事さえ支障を来たし、絶望の度合いが一気に深まったのに、今ではほぼほぼ回復し、喉元過ぎればなんとやらを体現している。ヘルニア自体は時限爆弾の様に残っているはずで、これが爆発しない様に日々を過ごすのが私のミッションと言えばミッションだろう。

広告を非表示にする