チラ裏レベルの人生記(仮)

自分が自分で無くなった時に、自分を知る為の唯一の手掛かりを綴る、極めて個人的な私信。チラ裏レベルの今日という日を忘れないように。4年目。

ファウンド

スコット・シャーマー監督作「ファウンド」("found." : 2012)[DVD]

兄が部屋に生首を隠し持ち、殺人を犯している事を密かに知った少年が、それを兄に気付かれ、やがて想像を絶する凶行に巻き込まれていく様を描くホラー作品。

 

12歳のホラー好きで内向的な少年マーティは、共働きの両親スタンリー、リサと、工場勤めの兄スティーヴと共に暮らしている。マーティは一見平凡な家族の秘密を知っている。スタンリーはガレージにポルノ雑誌を貯め込んでおり、母はベッドの下に男からのラブレターを大切に仕舞っている。極めつけのスティーヴは、クローゼットの中のボーリングバッグに切断した生首を詰め込んでいる。マーティはひょんな事からそれに気付くと、怖いもの見たさも手伝って、しばしばスティーヴの部屋に忍び込んでは、バッグの中の生首を確認し、それが数日おきに新しくなり、大抵は黒人の女である事を知る。素行不良なスティーヴは両親と折り合いが悪く、しばしば激しい諍いを引き起こすが、マーティに対しては弟思いの一面を見せる。マーティは唯一の親友デヴィッドと共にホラーコミックを描く事を趣味にしている。リサはホラーに執心するマーティに気を揉む一方、スタンリーは放任する。スタンリーは黒人への差別感情を抱いており、しばしばそれを剥き出しにする。

ある日、マーティは学校でいじめっ子のマーカスにトイレを覗かれ、誂われる。マーティはホモ野郎と言い返し、マーカスに殴られる。そこに教師が駆け付け、マーカスを叱り、居残りの罰を与える。マーティは早退を許され、帰宅すると、スティーヴの部屋に忍び込み、ボーリングバッグの中に生首が無い事を確認する。マーティは姿見に掛けられた用途不明のガスマスクを試着する。そこにスティーヴが帰ってきて、勝手に部屋に入った事を咎める。マーティはマーカスに殴られ、早退に至った経緯を明かす。スティーヴは殴り返す様にマーティに強く促すと、マーカスがどの生徒なのか聞き出す。

その後、マーティは日頃遊び場にしている近所の鉄道博物館の一角を占める、ホラーアイテムが集まるジャンクヤードでデヴィッドと落ち合う。マーティは描いた漫画を見せると、ディヴィッドに泊まりに来る約束をする。スタンリーは黒人のマーカスがマーティを殴った事を知り、憎悪を露わにする。リサはマーティに翌日学校を休む事を認める。マーティは貸しビデオ店にホラー映画を借りに行き、目についた三本を手に取るが、その内の「ヘッドレス」の中身が紛失している事を知る。

その夜、町は嵐に見舞われる。マーティはスティーヴの部屋に懐中電灯を借りに行くが、スティーヴが不在と知り、勝手に入って探し出す。そこへスティーヴが窓を開けて入ってくると、クローゼットからスコップを取り出し、「なんでもできる」などと自分に言い聞かせて部屋から出ていく。マーティは直ちに自分の部屋に戻ると、庭に立つスティーヴを覗き見る。

翌朝、マーティはスティーヴの前で何事も無かった様に振る舞い、マーカスを殴り返しても、いじめが酷くなるだけでは無いかという不安を吐露する。スティーヴは心配は無用だと諭す。マーティはスティーヴが所有するホラービデオを借りる許可を得る。スティーヴが仕事に出かけると、マーティはスティーヴの部屋に入って、室内を物色し、ビデオの棚に、貸しビデオ店から盗んだと思しき「ヘッドレス」を見つける。マーティはそれに添付されたメモに記された、順番とタイムスタンプの意味を計り兼ねる。

その後、マーティは下校したデヴィッドを呼ぶと、借りてきたビデオを見ながら、漫画を描く。デヴィッドはマーカスが学校を休んだ事を伝える。夜になり、借りてきたビデオを観終わると、マーティは「ヘッドレス」を再生する。その中で、スカルマスクを着けた主人公の男は、女をナタで切り刻んで惨殺した後、首を切断し、目をくり抜いて食べ、挙句の果てに生首でファックし、血まみれになって絶頂に達する。マーティはその男をスティーヴに重ね、スティーヴがそのビデオを参考にしているのでは無いかと考え、不快感を催す。デヴィッドはマーティが怖がっているのでは無いかと誂うと同時に白けてしまい、マーカスの言う通りだと詰る。それに憤ったマーティは、怖いものを見せてやると反駁すると、スティーヴのボウリングバッグを持ち出し、中身を見る様に挑発する。デヴィッドは、マーティと一緒にいると馬鹿にされる事を明かし、絶交を告げると、バッグを開ける。そこにはマーカスの生首が入っており、デヴィッドは恐れ慄く。マーティはスティーヴが人殺しである事を明かすと、生首を取り出してデヴィッドに突きつけ、自分をいじめると同じ目に遭うと脅す。気分を悪くしたデヴィッドは、リサを通じて母親に迎えに来てもらう。間もなく、スティーヴが帰宅し、バッグを返しそびれたマーティは、秘密を知ったと気付かれた事への不安を抱きながら眠りに就く。間もなく、スティーヴはマーティの部屋に忍び込み、バッグを持ち帰る。

翌朝、スティーヴは後で話をしようとマーティにメモを残して出かける。マーティは休暇の父と映画館へホラー作品を観に行く。マーティは開始直前にトイレに行く。そこへスティーヴが押しかけ、誰かに話していないか詰問し、デヴィッド共々話せば死ぬと脅す。スティーヴは夜に改めて話す事を要求して立ち去る。マーティは映画を楽しむ事なく、帰路に就く。スタンリーはマーティの異変を気にもかけず、マーティは一人涙する。

その後、マーティは描き溜めた漫画を持ち出し、鉄道博物館の傍で焼却する。間もなく、そこへスティーヴが話をしにやってくる。マーティは恐れを抱いて逃げ出すが、スティーヴはマーティを捕まえ、部屋に勝手に入った事を咎める。マーティはデヴィッド以外には誰にも話していないと弁解する。スティーヴはスタンリーの言うとおり、黒人が社会にとって害悪であり、無価値だと主張する。スティーヴは秘密を話さない様に釘を刺すと、マーティだけは絶対に傷つけないと約束する。マーティはマーカスを殺してくれた事を感謝する。

翌日、マーカスはリサに連れられ、牧師の説法会に参加する。マーティは同じ学校の生徒トレヴァーにホモ野郎と罵られて激昂し、トレヴァーに暴力を振るう。そこへ大人達が駆け付け、止めに入る。牧師はマーティに暴行の理由を尋ねる。マーティは誂う方が悪いのだと主張する。牧師は暴力では無く、話し合いで解決すべきだと諭し、大人に相談する様に促すが、マーティは悪態をついて牧師を拒絶する。牧師の仲裁でトレヴァーが先に誂った事を謝るが、マーティはまた殴ってやると脅す。リサは憤慨し、謝る様に命じるが、マーティは自らの正当性を主張すると、リサが母親失格であり、自分とスティーヴは失敗作だと詰る。リサはマーティを引っ叩いて連れ帰る。

トレヴァーの両親から連絡を受けたスタンリーは、ガレージで待ち受け、開き直るマーティを殴り飛ばす。マーティは大人の言いなりになる事を拒み、トレヴァーは自業自得だと主張する。スタンリーは再びマーティに手を上げようとする。そこにスティーヴが駆け付け、マーティに手を出さぬ様に命じる。スタンリーはスティーヴを押し倒して挑発する。スティーヴはスタンリーを何度も殴りつけ、止めに入ったリサを押し飛ばす。スタンリーはスティーヴに二度と戻らぬ様に命じる。スティーヴはマーティに手を出すと許さないと警告し、家を出る。

その夜、家の前にスティーヴがやってきて、マーティに出て来る様に合図する。それに応じたマーティは、スティーヴにどうするつもりなのか尋ねる。スティーヴはマーティの部屋の頑丈なベッドが必要だと説き、自分の部屋で寝る様に命じるが、マーティはそれを拒む。スティーヴは今夜で全てが変わるのだと説き、傷つけたくないから自分の部屋で隠れていて欲しいと請う。マーティはスティーヴが両親の殺害を企てているのだと悟る。スティーヴはろくでなしの両親から解放してやるのだと主張する。マーティは通報する意向を示し、犯行を止める様に請う。スティーヴは理解を求めるが、マーティは大声を上げる。それを聞いてスタンリーが駆け付け、警察を呼ぼうとする。スティーヴはスコップでスタンリーを殴り倒すと、遅れてやってきたリサを室内に追い込み、気絶させた後、慰み物にしようとする。マーティはその様子を見て、スティーヴに飛びかかるが、争った末に気絶する。

マーティはスティーヴのベッドの上で、縄で縛り付けられ、猿ぐつわをされた状態で目を覚ます。 間もなく、隣の部屋からリサとスティーヴの悲鳴が聞こえてくる。スティーヴはガスマスクに全裸の出で立ちで、クローゼットからナタを持ち出し、隣の部屋に向かうと、リサ、スタンリーを立て続けに惨殺する。その後、「ヘッドレス」の男よろしく血まみれになったスティーヴがマーティの傍にやってきて、朝になれば全てが理解でき、もう傷つけられる事はないのだと感謝するだろうと諭す。マーティは泣き続ける。スティーヴはそれに耐えかね、錯乱し、絶叫する。

夜が明け、月曜の朝が訪れる。スティーヴはマーティの両脇にスタンリー、リサの死体を並べて、裸姿のまま家を出て行く。マーティは正気を失わない様に自分に言い聞かせ、誰かが見つけに来るのを待つ。

f:id:horohhoo:20170415134841j:plain

f:id:horohhoo:20170415134844j:plain

f:id:horohhoo:20170415134848j:plain

f:id:horohhoo:20170415134851j:plain

f:id:horohhoo:20170415134855j:plain

f:id:horohhoo:20170415134859j:plain

f:id:horohhoo:20170415134903j:plain

f:id:horohhoo:20170415134906j:plain

f:id:horohhoo:20170415134909j:plain

f:id:horohhoo:20170415134913j:plain

f:id:horohhoo:20170415134917j:plain

f:id:horohhoo:20170415134920j:plain

f:id:horohhoo:20170415134923j:plain

広告を非表示にする